顧客の利益が自分の利益

はい、おはようございます。前川です。

昨日、ある女性と会ってお話しを色々させてもらっていたんですけども、
あなたもビジネスというのをしてると思います。

よく言われることで、好きな事で稼ぐとか稼げるもので稼ぐとかって話しがありますけども、
ここはすごく重要で、好きなもので稼ぐかどうかっていうのは別にいいんですけども、
そのあなたの好きなことを求めてるターゲットがちゃんといるかどうかっていうのを明確にしてからビジネスは始めたほうがいいですね。

それはなぜって言うと、
例えば焼き鳥が上手に作れる人がいます。
でもその焼き鳥を食べる人がいなければ、そのビジネスってうのはマッチングしていないんですね。

なので、私みたいな一人治療家のコンサルタントとか、治療をしてる人っていうのは、
お客さんが集まらない、お客さんを集めて、欲しいお客さん集めるようなアイデアが欲しい。

そういう人で、かつお金を持っててお金をしっかり払えて、しっかりこっちの言う事を聞いてもらえるっていうターゲットがいたら
ビジネスとして成立するわけです。

で、言うまでもないですけども、大学でてるとか、自分自身が大学でてるとか、
資金力あるとか、経歴・学歴があるとか、経験があるとか、もちろんそういう要素としてはあるんですけど、
ただ、あなたがやってるビジネスとターゲットがしっかりマッチングしていれば、そんなこと全く関係無いんですね。

だって私へいさ値38の高校卒業ですけどなんとかビジネスをやれています。

昨日会った女性の話しをしてみると、その女性っていうのは、いま家族の仕事を手伝っていて、
確かにその仕事ってのは稼げそうなんですけど、
その稼げそうな仕事と彼女の情熱が全くマッチしていないって所が真実なんですね。

彼女っていうのはアパレル関係ではエキスパートなんですけど、アパレル関係をせずにオフラインの仕事をやろうとしてるので、
私はそのアパレルの仕事を求めてる方はおられないのですかって聞いたんですね。
たぶんいるとおもうんですよ。

で、そういう所に自分のビジネスを提案していけば、お金もかからないし、自分が得意なものだから情熱も自然に注げるしなおかつ達成がはやいんですね。
現に困ってる人と自分の得意な事をマッチングさせるんですから、これはとても早く達成できますよね。

で、よくある間違いなんですけど、目標達成の時にいくらいくら欲しいとか、月200万欲しいとか、100万欲しいって言いますけども、
この目標設定のは間違いではないんですけど、
でも、ひとつ覚えておいて欲しいのは、お客さん、クライアントとか患者さんとかが利益を得る事によって、
あなたの利益がしっかりキャッチ出来るっていうのを間違ってほしくないです。

なので、私の場合だとお客さんの売上を上げてあげることによって、
自分に返ってくる、ワンステップ目ツーステップ目っていうのをしっかりしていないとビジネスってのはクラッシュしやすいんですね。

なので、重要なこと

まず一つ目は、自分の得意な分野をしっかり定めておく事、
2つ目は、そのお客さんをちゃんと選定する事、
3つ目は、しっかり目標達成する事。

その目標達成するためにはさっきも言いましたけど、お客さんを一番に考える。
お客さんの利益を上げるためだけに全力を注ぐ。
その事によってあなたがしっかり収入を稼げるようになるって事ですね。

これだけ覚えててもらうと、よくありがちな目標達成出来ないと成功法則にハマってしまっているどあほうとは違って、
目標達成できない理由っていうのがよくわかると思います。

自分の目標っていうのはもちろん大事ですけど、
自分の目標達成させる人っていうのは、
基本的にはクライアントとか、ネットで言ったらお客さんとか購入客ってのが自分のお金になるわけです。

なのでそこを無視して自分の貯金通帳の残高だけ見ててもだめなんです。
私ももちろんそれを気付いていない時は稼げませんでした。
でも、その事実に気付くようになってからはしっかり稼げるようになりました。

なので、基本的なことですけども馬鹿にせずに、自分の今現在の立ち位置というのを見定めてスタートしてほしいと思います。

LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です