重い腰を上げさせないと反応はとれない

重い腰を上げさせれますか?
こんにちは、前川です。

今回は相手を動かせないとホームページの反応がとれないとう話についてしていきます。
この話をなぜするのかというと
相談を受けるどこのホームページをみてもここの要因が弱いです。

だから見込み客があなたのホームページを見て
ここ良さそうやな・・・
すごいな!むっちゃ興味あるな!!
またあとで連絡しようかな!!!

これ・・・
もう終了です。

あとでなんかないのと一緒です。

ホームページで反応させるための
秘訣は良いと思わせたらすぐに連絡をさせることです!

ではどのようにすればすぐに行動させれるのか?
今回はそのための方法をお伝えしていきます。

・緊急性をだす
・限定性をだす

ここを意識して
キャンペーンを打ち出す!

具体的に言えば
先着◯名さま、残り◯名さま
とか
◯月◯日までの期間限定とかですね。

ここまでは割と多くの治療院がしていますよね。
ここからがポイントです。

なぜそのようなキャンペーンを打ち出しているのか?

この理由がないキャンペーンはいけません!
なぜだめかというと怖いからです。

通常10万円のこのパソコンが残り1台だけ29800円!
とかだけだったらこわくないですか?
すぐ、壊れてしまうちゃうかな?とか考えてしまいませんか?

でも決算月なのでどうしてもあと1台このパソコンを購入していただきたいので
残り1台に限り赤字覚悟のこの価格で提供いたします!

そんな風にそのキャンペーンの理由を伝えられると
不安なく購入できますよね。
絶対に理由をいう事が大事です!

見込み客は不安感を持ちながらみているので不安を解消してあげれるように考えていきましょう!

そうすることで
またあとで連絡しようかな〜、とか言っている人の重い腰をあげて
あなたの治療院に一秒でも早く連絡させることができるようになります!

LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です