あなたの治療院を患者であふれさすシリーズその④

from:自由な一人治療家
前川雅治

いつもブログを見てくださって本当にありがとうございます。
早速今回のお話!

治療院の仕事っていうのは5つしかないんですよっていう話しをしました。

その1つ目が新規を集めること。
2つ目が既存をリピートさせること。
3つ目が定着させること、患者さんを離れさせなくすること。
今日はその4つ目を話します。患者さんを信者にするですね。

今日お話しする、あなたの治療院の患者さんを信者にさせること。

定着とどう違うのかというと、違わないです。
定着っていうのは患者さんが痛くない時でも調整のためにあなたの治療院にくるということです。

信者っていうのは、患者さんの体の調子が悪くなくても、あなたの治療院に患者さんが来たくて仕方なくなる。
さらに友達を連れてきたりと。あなたの所の営業部隊のようなものを作ってしまうということですね。

口コミは口コミでもちゃんと人に伝えてくれるような基を作ってくれる人を作るんですね。
そこで、まず何をするのかと言うと、何度も言ってるんですけど、コンタクトを持つことですね。

ハガキであったり、ニュースレター、心配の電話であるとか、誕生日のバースデカードを送ってあげたり、
家族の誕生日のハガキを送ってあげたり、DMを送ってあげたり。その人のことを必要以上に気にかけてあげるんですね。
ここで反論があるんですけど、「そんな事してると鬱陶しがられる」と言う人がいます。それはそれでやらなくていいです。

全員に出来るわけではありません。私自身も全員には出来ません。
でも20人とか30人を囲むというか、人間にはフィーリングがあるので、この人僕のこと好いてるんじゃないかな、
と私のこと苦手なのかなってあります。なので、私のことを好いてくれてるような人にだけ送ったりしていました。

そういう人達を、信者にしようと思えば、コンタクトは絶対常に取らなければなりません。
定着っていうのは、患者さんが治療院にきているということです。

でも、信者というのは、その人は治療院にくるし、紹介もしてくれる。なんでも話せるような仲になっている。
そんな患者さんを作っていけば、あなたの治療院がもし今苦しくても苦しくなくなります。

今日は、信者にするためのちょっとしたコツっていうのを話しました。

要は、コンタクトの頻度を増やしたり、特別な情報を伝えていってあげたり、
そういうことをお話ししてあげることによって、患者さんは特別扱いされてるんだと感じます。

なので、そういう情報をどんどん伝えていってあげてください。それが、4つ目の信者にするということです。

次は、5番目。奴隷にするような、言う事を聞かすような段階にもっていこうと思います。
これをすることによって、あなたの治療院にどんな状況であっても患者さんがキャンセルをほとんどしないという
流れを完全につくっていくようなお話しをしたいと思います。

それでは今日はこのへんで終わっておきます。

LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です