田舎での実費治療院って・・・

from:まえがわまさはる
自由な一人治療院経営を目指して

ただいま17時34分。
だいぶ人通りも少なくなってきました。
そうです。私のところも結構田舎です。

隣には市があるので
来院はそこからがほとんどですね。

田舎での実費治療院経営

その田舎がどんなものかにもよりますが
人口がほぼほぼいないとかは避けてくださいね。

やっぱり集客が大変ですよ。
私の院のあるところで1万8千人程度です。
日本一小さい町らしいですが、これが多いのか少ないのか私にはわかりませんが
近隣の市に比べたら少ないです。

一軒家が多くて、世帯数もあって
移動に時間がかからなければ問題ないですよね。
だってほんまにど田舎で毎月新規30人集めているところも知っていますし。
1軒1軒が何百メートルと離れているところとからしいですがやられています(笑)

隣の市で一番多いところで19万人。
その次が、18万人。
足して37万人。そのうち0、01%だけが来てくれても3700人ですからね。

そもそも田舎でもそこにしかない商品であれば行かざるを得ないですからね。
距離を不要にしてしまう商品力、そしてマーケティング力。
これが大切です。

実費治療院であろうと保険治療院であろうと
これからの時代はマーケティング力が必須ですよ。
立地は資金力のあるところにもっていかれますからね!

LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です