成功から逃げているのはあなたです

from:まえがわまさはる
自由な一人治療院経営を目指して

いつもブログを見てくださって本当にありがとうございます。

この患者さんには私の治療はあわないな・・・
でも仕方ないな、やるしかないか。

そんあ経験1度や2度あるのではないでしょうか?
もちろん私もあります。あのなんとも言えない嫌な雰囲気・・・
でも仕方ない!と割り切ってやりますよね。

でもね、そんな人がこんな風になったことはありませんか?

先生むっちゃ楽なった!!

ここから得られる教訓っていうのが1つあります。やる前に自分の中で答えは出してはいけないということです。
どういうことかって言うと、例えばあなたに1つアイディアがあるとするじゃないですか。
例えば昨日大阪の先生とお話しをしてて、1つアイディアがあったんですけど、
産婦人科の先生と組んで提携したらどうですかってあったんですね。

それをすごくイイディアだと思ったとしましょう。
でも実力が無いしとか、病院と組むほど大きい治療院ではないと、やる前に諦めてしまうこともあるかもしれないですよね。

ですが、結果というのはいつも僕達の頭っていうので出すのではなく、マーケット市場が決めることです。結果というのは。
自分たちの心とか頭っていうのは結果を出しません。外に出てやっと結果っていうのが出るんですね。
私たちはいつも止めてしまいます。

こういうアイディアがあってもだめなんじゃないだろうかとか。
自分の中でとめてしまうんですね。
そうではなくて出すんですよ。
答えが返ってくるじゃないですか。
でも、怖いですよね。市場から拒否されるっていうのは。

怖さを消す秘訣を今日あなたにお教えしたいと思います。

それはですね、自分がやる行動に対してのリスクって怖いですよね人っていうのは。けどそれを紙に書いて下さい。
例えば、さっきの産婦人科にアプローチする。でも拒否されるかもしれない。
しかし、拒否された時の最悪な結果っていうのは一体何なんだろうかって、無視されるかもしれないです。
でもそれがどうしたって。紙の上に書くと問題がとてもアホらしく思います。

色んな人にDMを送れと私も言いました。私もお客さんに送らしてます。
でも大概の人はこう思います。先生そんなにたくさんの人に送ったら鬱陶しがられるんじゃないですかって。

でも、そうじゃなくて、鬱陶しい人間は、鬱陶しい人間は送ってこないで下さいという風に返ってきます。
それ以外の人はじゃんじゃん送ってください。じゃんじゃん送ってもなんにも無いですから。

ですので、それをですね。市場からのアクションを怖がらなければ、怖がったとしても大したことじゃないですから。
例えば私はこの前セミナーしました。緊張します。けれども、その緊張の最悪の結果ってなんなのかって言ったら、
前川って大したことないなって思われることです。けれども、それがどうしたと。それだったらそれで、次ちゃんとやればいいと思ったんですね。

なので、最悪の結果を紙に書いて、じゃあその次に自分はどうアクションするか、
どう捉えていくかっていうのは、大したことないですよ。
人生っていうのは、とても自分の人生を多く感じる傾向がありますが、人生っていうのは大したことありません。
あなたの失敗なんて誰も見てません。自意識過剰になるのもほどほどにしてください。
自分の失敗は自分で処理するんですけど、その失敗っていうのは大したことありませんということです。

ぜひですね、チャレンジしてみてください。
チャレンジすることはとても価値のあることです。
失敗を恐れずにっていうと語弊がありますけど、失敗は怖いですけど、それはなんてこと無いんだと思うことによって、
とても早くクオリティが高く行動できますので、はじめてみてください。

それでは、今日はこの辺で終わっておきます。

LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です