治療院集客が出来ない理由

from:まえがわまさはる
自由な一人治療院経営を目指して

たった今打ち合わせが終わりました。
ここ最近では人とスカイプやチャットワークで
お話する機会が増えてきました。

それにしても今の時代便利ですよね・・・
最近よく使うのはチャットワークを使います。

文章でのやりとりもそうですが
テレビ電話も出来るなんてすごいですよね。
でもね、受けることは出来るんですが
こちら側からかける方法がわかりませんでした。

だからいつもクライアントとはスカイプで
アドバイスをしていました。
私としてはチャットワークでやりたいのに方法がわからないんです。

そこで今回は勇気をだして
どうやって電話かけるんですか?と訪ねて見みました。

そしたら画面共有をしてくれて
丁寧に教えてくれました。

でも・・・
私の画面上にはそんなマークがありません。
これは標準装備ですか?
と尋ねるとそうですよ。との答え。

それからネットで色々検索をしますが
一向に方法がわかりません。

なぜ私の画面だけでないのかな・・・
と30分ほど画面をいじっては見つめていた!その時!!
自分のチャットを見て探していたから見つからないだけで
やりとりしたい人のチャットにいったらしっかりマークがあります。

そらそうです。
自分で自分に電話する人なんかいないんですから(笑)

テレビ電話する方法を聞いても出来なかったけど
出来ない理由に気づいた瞬間一瞬で解決

これは新規集客でも同じことが言えます。
多くの治療院では現在経営が難しくなっています。
月商100万円という壁にぶつかっていますよね。

そう思うとガンガン稼いでいる治療院もあります。
一体この差はなんなのか?

それは新規集客が出来ない理由を知らない

いつも言うように
売上を上げる方法や新規を集める方法というのは
もう山ほど出ていて飽和しているのではないかな?
と思うほどの情報量です。

みんな知識の量はとてつもないと思います。
でも実際に利益に繋がっていないのには
何かしらの理由があるわけですよね。

その理由を考えずに
あの人の言うてることは良くなかったから
次はこの人!とか

あのDVDの言うてることをやったけどダメやったから
次はこのDVDとか
良い情報を求めて彷徨い続けているんですね。

もうそれ以上の知識は詰め込まないでください。

話を聞く人は一人に絞る!!
これは大事です。

よく集める顧客を一人に絞れ!とか言いますけど
情報を聞く人も一人に絞ってください。
それが一番成果につながります。
ちょっと話がそれていくので話を戻します・・・

今のあなたに必要なのは良い情報ではなく
今までやってきたことでなぜ成果がでなかったのか
その理由を考えていくということです。

まずはこの3ヶ月やってきた行動リストを書き出してみましょう。
何でもいいです。

チラシを毎月5000枚ポスティングした。
折込を3000枚した。
HPを作成した。
ブログを毎日更新した。

色々されてきたことがあると思います。
それをまずはご自身で知ることが大切です。

では次にそれを頑張ってきたな〜、と見るのではなく
数字で把握していきましょう!

チラシのポスティングを5000枚した結果、何件の反応があったのか。
反応率はいくらだったのか。

折込も同じです。
3000枚配った上で何件の反応があったのか。
反応率はいくらだったのか。

それらを数字で全て把握してください。
ポスティングを5000枚した上で新規7人。
私の中でこの反応率は悪くないです。

チラシ作成代が1万としましょう。
新規7人で初回お試し価格で2000円が7人だとしましょう。
この時点で14000円と利益がでています。

万々歳ですね!

またここから正規料金で通院してもらいます。
2回目からは5000円だとしましょう。
7人の内、8割の人が継続してくれました。
そうすると40000円の売上ですね。

初回14000円+40000円=54000円ですね。
広告費の10000円を引いても44000円の利益です。
ここで時給がどうのこうのという話は抜きにしてください。

どうですか?
数字で把握していないとわからないことはたくさんありますよ。

これを理解できれば、
そしたら1000万枚ポスティングしたら単純に新規は14人になる。

そしたら先ほどの計算でいうと
2回目までで108000円の売上になりますよね。
利益は広告代20000円引いて88000円。

この事実がわかれば
このチラシを折込にして一気に広めたりと色々策がでてきます。

あれ??
なんか今回のテーマからずれてきてしまった。
やはりお金好きで利益が好きなので利益の話に走ってしまった・・・

ポスティングでこれだけの反応がでずに5000枚撒いても
3件しか反応がなかった場合。
こんな時にどうするのかが大切です。

この反応がでなかった理由を考えます。
どのように書いたら反応率があがるのか?ではなく
なぜ今回反応がでなかったのか?という部分を考えていきます。

まず撒いた地域は本当に狙っているターゲットが住んでいるのかを考える。
そのターゲットはそもそもチラシを見る人なのかどうかを考える。
そしてそのチラシの内容はあなたの狙っている人物が読んだ時に響くチラシなのかどうかを考える。

検証して浮き出た課題を修正してまた市場にリリースする。
その繰り返しで成果がでてきます。

決して情報を仕入れているだけでは成果にはつながらないので
そのへんのところよろしくお願いします。

LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です