感情の動きを意識する

感情の動きを意識する

新しい方との出会いは成長させてもらえますね!

今回はリピート・単価の上げ方セミナーというのをやって来ました。
同じ治療法で単価を上げてるというと悪いことをしてる!とか
患者さんを騙してる!とかいう人いますがはたしてそうなのか?

なぜ技術セミナーに参加しまくっても数字に反映しないのか?

多くの治療家は技術セミナーに行ったことがあると思う。
平均すると3つか4つの技術セミナーには行ったことがあるみたい。

凄くないですか?

それだけ勉強してたらある程度技術はあると思います。
でもリピート取れなかったり、自費でできなかったり、単価あげれなかったり。
これはなんでですかね?

私はこれを雇われの時にずーっと思っていました。
批判するわけではないですが無資格の人が自費5000円とかで経営してたんですね。

3ヶ月で卒業できるような資格でも5000円とかで
経営してる現実を知ったんです。

国家資格を持つ人は3年という月日をかけてるわけですよね。
もちろん学科メインで実地は少ないかもしれませんが・・・

なんかおかしいな?

値段てなにで決められているのかな?と考えたわけです。

無資格の人は5000円基準
国家資格の人は500円基準

これって身の回りの人たちがそうしているからそうなったんですよね。
基準がそうなってるんですね。

自分の技術のお師匠さんはこのようにしてる。
だから自分はこれぐらいの値段でしないといけない・・・
みたいな感じになるわけですね。

自分の価値は自分で決めろ!

それが正しいかどうかはマーケットが決めてくれます。
だからまず自分で決める。

周りに決められるのではない。
自分で決めて行きましょう!

まずはそこから!

で今回はその先の話なんですが、
あなたはきっと治療技術がないとリピートも単価も上げれないと思っています。

私は違うと捉えています。

なにを解決するためのものなのか?

商品は同じでも解決できるレベルが変われば価値は高くなります。

例えば、

喉乾いた!水買う!→100円
喉乾いた!死にそう!水買う!→1万円

どう?

通常喉乾いて水飲むのは100円。
でも砂漠でもう死にそうで命の危機を感じている。
もうだめ!やばい・・・そんな時に水を1万で提案されたら
あなたはどうします?買います?買いません?

絶対に買いますよね?

そしてその時の文句でます?
でないですよね。命救ってくれてありがとう!!ですよね。

これは治療でも同じです。

私はいつも言うように
保険の時の治療が自費になっています。

商品は同じです。

でも相手は喜んでくれています。
それは相手の問題解決を表面的はなく深いとろこに提案して行きます。

痛いとう表面的ではなく、
このままではもう生きていけない、という深い部分に
提案していきます。

私は痛みという部分ではなく、
生きていけるようにしますよ!という部分に対してアプローチしていきます。

そこにアプローチするということに対して
価値を感じてもらっています。

それを解決するための治療技術はもちろん必要ですが
その前に、どこに対してアプローチして価値を感じてもらうのか?

そこを意識することが大事です。

また要望があればセミナーしますね!
これかなり好評なので笑

セミナーします
LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です