運あり治療家VS運なし治療家

実は木から落ちたことがあります。
それは小学校2年生の夏。
3階建てはあるくらいの木に登ってセミ捕りをしていました。

そしたら足を滑らせてしまったんです。

今でもはっきりと覚えています。
本当に真っ逆さまで、頭が真下を向いて足が空を向いていました。

正直死ぬんだ〜と思いましたよ。
まわりの景色が一気に流れていくんです。
テレビのワンシーンかのように。

そして急に景色が止まりました。

私は助かりました。
本当に奇跡としか思えないんですが
足が木の枝に引っかかったんです。

私は真っ逆さまのまま木の枝に足が引っかかり
助かりました。

その時に一緒にセミ捕りをしていた
2学年上の友達に助けられて
家に帰ることが出来ました。

これは運がいい?悪い?

もちろん、命は助かりましたが
その後は色々な所が痛かった記憶があります。

膝の内側には木の木目がそのまま
あざなのかなんなのかわからないですが
残っていました。

痛かったんです・・・

何を言いたいのかというと運がいいのか悪いのかは自分で決める。
その捉え方で全てがかわる。

私は今超高額な人のコンサルティングを受けています。

ホンマに家買えてますよ!!
「奥さんからいつ家買うの!!」
と迫られるくらいです。

これはまわりの人から見るとアホやな〜とか
勿体ないな〜と思う人もいるかもしれません。

これも考え方ですよね。

私は木から落ちて助かって運が良かったと思っているし
超高額コンサルティングを受けれてて運が良かったと思っている。

これからチャレンジしていくことも
どんな結果であっても運が良かったと思える自信があります。

運あり経営者VS運なし経営者

運あるほうがよくないですか?

LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です