治療家必須 反応のとれる動画をもらう秘策

こんにちは。
前川です。

前回は患者さんの声をかける順番についてお話しました。
患者さんの動画を貰う伝え方

今回は反応のとれる声をもらう為の秘策についてです。

声を貰えるけども
内容のある声を貰うことができない。

良くなりました!
気持ちよかった!
スッキリした!

そんな内容ばかりだと意味がないですよね。

凄い感動的なストーリーがあるにもかかわらず
そこを話ししてもらえない。

それは台本がないからなんですね!

台本を作るんです。
え!!それってイカサマじゃ?!

違います。
台本は患者さん自身がつくります。

具体的に言うと、
事前に患者さんに用紙に答えてきてもらいます。

それを台本かわりにして動画をとることで
患者さんは安心して話しできます。

そのためにしっかり具体的に書いてきてくれます。

細かい部分は長くなるので
動画で話ししています。

ご確認ください。

LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です