リピート取れない=ナルシスト

【願望→目標→現実】

 

こんにちは。

前川です

 

今日はリピートについてお話ししていきたいと思います。

 

最近ですね、3カ月間のグループコンサルをしようと思って

いろんな方から連絡をいただいてるんですけど

売り上げの伸びない形の特徴があります。

 

新規集客はもちろんなんですけども

リピート率がものすごく悪いという傾向が強いです!

 

では具体的にどのような数字なのかというと

2回目のリピート率で50%を切る人も多い。

高くても70%行くか行かないかって言う方が多いんですね。

 

こんな人の場合新規集客をすればするほど院の経営は苦しくなっています

 

なぜ苦しくなるのかと言うと治療院において

利益を出していくのは2回目3回目4回目とリピート

されているところから出てくるんですね。

 

でも多くの治療日は新規が来ないことによって

売り上げが上がらないと考えています 。

 

でも実際のところそれは全然違うので

今日はその部分に関してお話ししたいと思います。

 

 

<なぜリピート率が低いのか?>

 

 

リピート率が悪い理由として大半の治療家が考える事は
治療技術が悪い!だから患者さんは納得してくれてない!

そう考える方がほとんどです。

 

でもぶっちゃけて言うと全く関係ない

 

関係ないと言うと語弊があるかもしれないですけど

治療家の考える技術って手技しか考えてないですよね?

 

患者さんは手技の上手い下手はわからないです。

 

だって骨を思っ切り抑えて筋肉をぐりぐりして痛い痛いとなっていても

それがいいって思ってる患者さんからしたら

それは良い治療なんですよ。

でもあなたからしたらそんなものは治療じゃないと思うでしょ?

 

治療家と患者さんの捉え方のギャップを知らないといけない。

 

<2回目のリピート率が8割を切る人>

 

この状況の治療家は、自己満治療家です。

 

どういうことかと言うと自分が気持ちよくなりさえすればいい!そんな考え方です。

 

「あー、足が痛いんですね?わかりました・治療していきましょう」

「どうですか?痛みマシですか?」

こんなやりとりをしている人です。

 

俺は技術セミナーに毎日通っている。

その辺の治療家よりも勉強している!

だから俺の治療は良いに決まっている。

 

こんな考え方をしている人はまずリピートが取れないです

 

何度も言いますが治療家と患者さんとのギャップを常に知る必要があります!

 

治療院なんだから痛みが取れるのは当たり前!そこで勝負しても意味がない。

 

大切な事はどれだけ自分自身のことをわかってくれるのか?

 

人と人がいて成り立つビジネスなので

相手のことをしっかりと理解しないと成り立ちません。

 

患者さんとのコミニケーションをしっかりととって下さい。

 

世間話とかではなくて昨日のテレビ番組の話とかでもなくて

その人の人生について話を聞いて上げて下さい。

 

今どんな状況で悩んでいるのかそれによってどんな不安があるのか不満があるのか何に恐れているのかよくなったら何をしていきたいのか今までどうだったのかどのようなことをしてきてどんな結果でどんな思いだったのか。

 

このようにその人のストーリー人生をしっかりと聞いてあげて下さい。

もっと言うと引き出してあげてください。

この引き出す能力の高い人が患者さんの痛みを改善していきます!

 

手技だけではなくてこのような能力も含めて私は治療技術だと思います!

 

 

LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です