限界国家に向かう日本での治療院経営の先行き

こんにちは。

前川です。

 

近々、物凄いお知らせがあります。

なのでしっかりメルマガチェックしててください。

 

今準備しています。

珍しく力入れてますので乞うご期待!

 

 

さて、先日は東京のリッツ・カールトンでパーティーに参加してきました。

 

 

今年の6or7月から海外でスクール事業が

動き出すのでその決起集会みたいな感じです。

 

 

残念なことに男だらけだったのですが・・・

 

 

そしてそのあとは

一部の人間とラウンジでグレープフルーツジュースを飲みました。

4人で約2万円ですよ笑

 

 

やばくない!

高すぎる!!!!

 

 

でも席は埋まってるんですよね。

滅多に行かないですが行くと勉強になりますよ。

高いとか安いとか何を持って決めてるのか?て話ですね。

 

 

ここから本題なのですが

最近やけに海外の人多いと思いませんか?

 

 

ここからマーケティング以上に治療家が知っておかないといけない内容です。

 

 

日本はこの20年間、収入の上がっていない国です。

調べてください。

すぐに出てくるから。

 

 

そして物価が上がり続けています。税金も上がっています。

入ってくる額は減って、持って行かれる額は増えている国です。

だから可処分所得といって使えるお金が減っています。

 

 

俺は成功者だから関係ない!!

 

 

とかそんな話ではなくて、データとして考えてください。

状況はこうなってるんです。

 

 

そして人口は減少を始めており、

2018年の今年は約120万人いる18歳の人口が減少を始めます。

消費する年代が減って行くということです。

 

 

2035年には人口の4割が60歳以上になります。

怖くないですか?

 

 

所得のない人たちが増えてきて、バリバリ働く年代が減って行く国。

だからみんなお金を消費!というよりも貯蓄!するでしょ。

 

 

伸びてないからですよ。

20年間伸びてない。バブルが弾けてからいい思いをしてないから

負けくせ根性がついているんですね。

(って、とある人が言うてました笑)

 

 

私は良かった時代を知らないので何も思わないですが

海外を見て、あー本当にそうなんだと思いました。

 

 

もう、世界に出る時代がきてますよ。

5年もすれば当たり前になります。

 

 

国境とか考えてる人は時代において行かれますよ。

 

 

海外の人がこれだけ日本に来てるてことは

そう言うことです。逆も然りです。

 

 

私自身、スマホでピコピコするだけで収入があります。

これって商圏を外せてるんですよね。

もう今の時代、商圏なんかないんですよ。

 

 

だから私はさっさとあなたと共に海外に乗り込みたいと考えています。

 

 

時代を動かすのは私たち30代前後だと感じてます。

私たちが本気でチャレンジして日本が世界で戦えるのを証明したいと思います。

 

 

広告規制は強くなって行く、マーケットは縮小していく、でも参入者は増え続けている。その人たちをカモにするコンサルタントが増え続けていく。

そんな業界で疲弊するよりも新しい戦場を見つけてチャレンジしたらいい。

 

 

私は本気でそう思うし訴え続けている。

 

 

ほとんどの方は、まず治療院が・・・

とか言うので、ならさっさと治療院の売上をあげれ!

時間はない!

 

 

と言いたい。

 

 

だから、治療院の売上をあげるための

案内を今作っている。

 

 

もう少しで完成します。

今週中には完成するのでしっかりとアンテナを立てててくださいね!

 

 

 

 

LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です