治療家としての信念

【信念の確立】

あなたが正しいと信じて疑わないことが確立できたら、一点の曇りもなく突き進めるはず。どんな批判トラブル、選択にも即的確な判断が出来る。そして自分の道が開け自分の道が出来ていく。あなたのビジョンに12名以上の人が賛同しますか?

こんにちは。前川です。先生には信念ありますか?これが治療院経営の基本、ベースになってくるのでしっかりとお伝えしていきます。これがない先生は全く魅力のない治療家になっていますので注意してください。

治療院経営をする理由は?

信念とはそれが正しいと信じる心。

治療家として何が正しいのか?それをしっかりと持っているのかどうか。治療家は真面目だと言われる。確かに真面目だと思うけど、真面目が良いのか?と言われればそうではない。

治療家は言われたこと、与えられたことを実行に移すことは出来るけど自分で決めて、自分で考えて動くことは出来ない。こんな人がほとんど。だから開業してやっていける人が少ない。経営について何も教わっていないし、なんで治療院をするのか?も真剣に考えたことがない。

ただ専門学校に行って、ただ修行に行って、その延長線上で開業をしただけ。

 

まずはやり方以前にあり方を考えないといけない!

 

大概の人が、「痛みで困っている人を救うため」という理由だと思う。ではこれが本当で本気だとして話を進めていきたいと思う。痛みで困っている人を救うために、必要なスキルは何か?ここから考えていきたい。

・手技技術

・コミュニケーションスキル

・マーケティング

大きく分けてこの3つになる。

 

ではあなたはどれを学んでいるのか?また、どれに自信があるのか、という話になってくる。

こう考えるとなぜ上手くいかないのかがハッキリとしてくる。

大半の人は手技技術しか興味を持たない。その技術さえレベルが上がれば治療院が繁盛するし、目の前の患者さんが治っていき、救うことができるなんて幻想を抱いてる。そんなことはない!

相手は「人」、人には感情がある。ロボってではない。そこを無視している治療家が多すぎる。手技技術だけで治るのは相手がロボットだった時。そこに早く気づく必要がある。

これが私が技術セミナーに行く意味がない。という理由。

健康な人を相手にする練習で意味あるか?テクニックの引き出しを学ぶために行くのであればいい。それ以外なら金の無駄だ。テクニックに走る。ここをこうすれば痛みが取れる?そんなわけない。ロボってではないんです。人間なんだから。

患者さんを人としてしっかり見れるかどうか?これが本当の治療家。○○法とかに当てはめてはいけない。その人それぞれ解決策はあってそれを発見する技術がとても重要。

そこには「相手を知る」という気持ちが大事。

 

先生の信念とは?

先生の信念はなに。患者さんを救うこと?本当にそうなのであればもっともっとマーケティングを学んでください。マーケティングは相手のことを知らないと出来ない。なんで悩んでいるのか?なにに対してストレスを感じているのか?どんな感情になっていて、どうなっていきたいのか?相手のことを知っていかないといけない。

これが臨床の場に活きてくる。相手の気持ち、悩み、今どんなことを考えてるか?それがわかってくる。だから患者さんからしたら、やっと私のことを考えてくれる、知ってくる先生が出てきたとなる。

このことが一番の治療になるというのを多くの治療家が気づいていない。

だって自分で考えてやってないから。

患者さんをこのテクニックでなんとかしようと、実験的な感じでしか見てないから。

 

私も最初はそうでした。この方法でこの症状なら治る!とか思いましたが全然違いました。

本当に相手のことを考えて治療に向き合うようになったのは開業してからです。

 

それで一気に成長させてもらいました。

重症症状の人ばかりですが、冷静に相手と向き合って同じ目標に向かって頑張るようになって改善率が凄く上がりました。そこで手技技術だけではない。と確信して技術セミナーに行くことをやめました。

手技は手当て十分。

大切なのは相手のことを考える力です。

 

【信念の確立】

あなたが正しいと信じて疑わないことが確立できたら、一点の曇りもなく突き進めるはず。どんな批判トラブル、選択にも即的確な判断が出来る。そして自分の道が開け自分の道が出来ていく。あなたのビジョンに12名以上の人が賛同しますか?

 

あなたの信念は?

 

私は、関わる全ての人に豊かさを提供すること。

です。

 

だから仕事を変えました。

より多くの人に豊かさを提供するために仕事を変えていきます。

 

誰になんと言われようとも・・・

 

 

LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です