たった2時間が人生を崩壊させる

選択肢を増やす

たった2時間が人生を崩壊させる

 

from:前川雅治

 

 

1年の価値を知るには、落第した大学生に話を聞くといいでしょう。 

 

1ヶ月の価値を知るには未熟児を生んだ母親に話を聞くといいでしょう。 

 

1週間の価値を知るには、週刊新聞の編集者に話を聞くといいでしょう。 

 

1時間の価値を知るには、待ち合わせをしている恋人たちに話を聞くといいでしょう。 

 

1分の価値を知るには、電車に乗り遅れた人の話を聞くといいでしょう。 

 

1秒の価値を知るには、たった今、事故を避けれた人の話を聞くといいでしょう。 

 

10分の1秒の価値を知るには、オリンピックで惜しくも銀メダルに終わった人の話を聞くといいでしょう。

 

これは有名な時間の価値を表現した言葉。

 

時間の価値。

 

成果が出ないと嘆く人がいる。

セミナーに参加してるし勉強してる。

自己投資もしっかりしているけど成果が出ない。

 

 

教えている人間が悪い?

教わる内容が悪い?

教わってる自分が悪い?

 

 

結論、自分が悪いに決まっている。

 

 

でも自分の何が悪いのかはわからない人が多い。

今回の手紙では「悪い」部分を徹底的に伝えて行く。

 

 

どれだけ勉強してもどれだけ必死になろうとも

この部分が変わらないと成果は出ない。

 

 

 

【時間の使い方】

 

 

朝起きてすぐに手にするであろうスマホ。

まずはLINEを開いてメッセージを確認して返信をする。

その次はFacebookを開いてほとんど付いてないイイねを確認する。

着替えをしながらYouTubeをかけている。

 

 

このSNSのフルコースを1日2時間している人は成果出なくて当然。

 

 

え!?たった1日2時間でしょ?

そんなふうに考える人が大半。

 

 

24時間中2時間をSNSに時間を費やすということは

12ヶ月中1ヶ月SNSをしているのと同じ。

 

 

ひどい人はこれにプラスして2時間ドラマとかを見るわけですよ。

てことは24時間中4時間を無駄な時間にしているわけ!

 

 

もうこーなったら最悪!

 

 

“1万時間の法則“

 

 

石の上にも3年

ということわざがある。

 

 

3年やらないといけないのか?

というと全然そんなことはない。

 

 

普通に頑張れば(普通に何を基準にしているのかわからないが・・・)

 

1日8時間、月に24時間。年間2880時間。

3年すると8640時間。

 

1万時間に近づくわけ。

 

 

この1万時間、物事に打ち込んで取り組むことで

成果につながるよ。という法則。

 

 

治療院経営を流行らせるために

1日8時間打ち込んでいる人がどれだけいるか?

 

 

まぁいないでしょ?

所詮そんなもんです。

 

 

1日1時間もやってないですよ。

月間30時間すらやってない。

 

もし1日1時間、月間で30時間治療院を流行らせるために時間をかけていたとする。年間で360時間。

 

 

1万時間に到達するのに27年間かかる。

 

 

世の中の大半の治療家はこれやで!

 

 

技術ばかり磨いて、実践しないから大して磨かれてもないのに

変な自信だけがあって、患者さんが来たらわかってもらえるとか戯言をいうてるんです。

 

 

だから今活躍している治療家は20代から30代前半でしょ?

 

それは治療院がはやることに力を注いで来たらから。

そのかけた時間の差が結果の差になっている。

 

 

治療技術は必要。

でも開業すると決めたならその時点であるはず。

あとは実践を通して高めて行く。

 

 

元気な体をどれだけ治療しても意味ない。

 

 

本当に深刻な人を前にして自分の力のなさに打ちのめされて、

情けなくて、悔しくて、悲しくて、申し訳なくて、、、

 

 

そんな経験をするからこそ技術をするからこそ向上させていくわけ。

元気な人で練習してもただのマスターベーション。

 

 

“時間の価値“

 

 

1日たった2時間でもばかにできない。

自分の目標達成に向けて時間を使っていくこと。

 

 

1年の価値を知るには、落第した大学生に話を聞くといいでしょう。 

 

1ヶ月の価値を知るには未熟児を生んだ母親に話を聞くといいでしょう。 

 

1週間の価値を知るには、週刊新聞の編集者に話を聞くといいでしょう。 

 

1時間の価値を知るには、待ち合わせをしている恋人たちに話を聞くといいでしょう。 

 

1分の価値を知るには、電車に乗り遅れた人の話を聞くといいでしょう。 

 

1秒の価値を知るには、たった今、事故を避けれた人の話を聞くといいでしょう。 

 

10分の1秒の価値を知るには、オリンピックで惜しくも銀メダルに終わった人の話を聞くといいでしょう。

 

これは有名な時間の価値を表現した言葉。

 

 

この背景をしっかり考えて

今から時間を過ごしてほしい。

 

 

人はいつ死ぬかわからない。

人は必ず死ぬ。

 

 

終わりあるこの人生を悔いのないように、やりきった!!と言えるように過ごせるのが精巧なのかな?

 

 

じゃあまたね!

 

 

LINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です