前川雅治の1人治療院経営のAtoZを大公開

前川雅治のLINE@約2400名に対してアンケートを実施。

全てに回答あった数が160名。

それにより現在抱えている問題の第一位が新規集客。第二位がリピート。第三位が値上げ。そして多くの先生がメルマガやLINE@で情報を入手して状況を変えようと取り組まれている。

 

なぜ経営塾に行かないのか?

塾がありすぎて誰の塾に行けばいいのかわからない。

そのような回答が多かった。

 

その結果を通して私は見えたことがあります。

それはほとんどの先生が売上をあげれていないという事実です。

 

どのコンサルも有益な情報を出していると感じています。

 

ただ受け取る側の先生との距離がある。

 

これでは結果に繋がらない。

 

なぜ、塾に参加している治療家の成果が、3ヶ月〜6ヶ月で100万を突破して人生を変えていくのに対して無料の情報を取っている人は成果に繋がらないのか。この絶対的な差である距離をどう縮こめる事が出来るのかな?考えました。

 

上記の3人は今まで一度も100万を超える事なく

1人治療院メソッドに入られて3ヶ月前後で100万の壁を超えた治療家です。

(2018年10月以降入塾の治療家から抜粋)

 

最もこの記事を読んでくれている先生と近い状況だったわけです。

直近の治療家の成果の方がリアリティあるでしょう。

 

この人たちが証明してくれています。

あなたもやれば出来ます。

 

距離を縮める

 

意識の高い人だけに対して、コツコツ情報を出していき、

それによるアウトプットを強制的にさせていく!

そうすることで受けて側が真剣に取り組むと考えました。

 

ここの記事で1人治療院経営の全てを網羅できるように完成させていきたいと思います。

 

成功する治療家と成功できない治療家

 

まずは知識量の圧倒的な差があります。

事前準備もままならないままノウハウを手に入れようとする人は成果に繋がらないですね。

正直、話にならないです。

 

まずは次の動画(20分)を何度も見てください。そしてイメージを深めてください。

これはかなり重要なことを話ししています。

 

どうでしょうか?

理解できましたか。この準備をしっかりした上でこの先を読み進めてください。

まず最初にあなたが最も欲しい情報の新規集客について話ししていきたいと思います。

 

新規集客の基礎

よく言われるのが「ペルソナ」とか「絞り込め」て言われますよね。

ペルソナとは?:あなたの治療院に集めたい患者さんを具体的にしていく作業。みんなに来て欲しい!と誰もが思いますが、それだと誰の心にも響かない。あなたが今まで見てきたとても大好きな患者さんはいませんか?

藤田さん、43歳 女性 子供が16歳(女) 13歳(男)とご主人48歳。腰が痛くて毎朝子供達を見送ることが出来ない。ひどい時は朝食の用意も出来ない。などなど

このようにたった1人の人を具体的にしていきます。それも元に広告を作っていきます。

ペルソナをして広告にしていくまでの流れをまとめてみました。

いかがですか?

ペルソナを決めろ!という話はよく言われるけれど、ではどうしたらいいのか?そこまで教わっている人は少ないと思います。

具体的な動きに落とし込んでいけないと全く意味がないんです。

 

学んでも売上に繋がらない理由

自分の行動に落とし込めていない

 

みんなそうです。

なるほど!いい話聞いた!で・・・私は何をしたらいいの?

 

ですよね。

こんな状況だけは避けてくださいね。

 

集客できるチラシのポイント

ペルソナを決めたら広告に落とし込んでいきます。

じゃあ何の広告から始めていけばいいのか?

 

100万以下の人は「チラシ」です。

100万に行ってないとお金はないけど時間はある。状況的にそうだと思います。私もそうでした。

 

150万超えてくるまではひたすらポスティングをしていました。

周りがやらない量をやってきました。

周りが継続出来ないので誰よりも継続させていきました。

 

ただこれだけですよ。

 

それすら出来ないなら経営者やめたらいいと思います。

 

腹たちますか?

ではやりましょう。行動に移しましょう。その腹たつ気持ちを行動に移しましょう。

チラシって馬鹿に出来ないですよ・・・笑

だってある程度チラシを作り込むことができれば

撒けば集客に繋げることが出来ます。

私はLINE@やSNSを絡めた最新マーケティングを塾生に教えています。でもアナログのチラシもしっかりと伝えています。

 

3000枚撒いて5件の反響あればよくないですか?そして予約に至ってなくてもたくさんの人が見てくれています。

 

これはチラシが作り込めているからです。

よくチラシなんか意味ない!ていう人いますがそれは

・チラシの作り方が悪い

・ターゲットが間違っている

・タイミングが悪い

こういった理由があります。

だからこの壁さえ超えたら問題ないです。

 

反応の取れるHPに必要な内容とは?

チラシが良い!といってもずーっと身体が動き続けるわけではない。

やっぱりWEB上で自分が寝ている時も営業し続けてくれる最高の営業マンであるHP!ここを強くしていく必要が絶対に!絶対に!!絶対に!!!ある。

HPの作り方、反応取るために必要な考え方知っていますか?

ハッキリいって今の治療業界はまだまだ集客できます。

その理由はどこのサイトも何も変わらない。同じ。真似ばかり。

違いを出していけば良い。

 

でもサイト制作のポイントを知らないと違いの出し方わからないでしょ。

 

オファーの魅せ方だけでもこうやって色々変化出せるわけですよ。

少なくても5パターンのデータがありました。
(データとして残ってるのがそれだけ・・・笑)

ヘッドラインも何十種類もありました。

あなたは何種類もっていますか?

 

集客するには教育も必要?

よく患者さんを教育する!て言いますよね?

でも教育てそもそもなんだろうか。そこをしっかり理解してないと教育できない。

 

ましてLINE@の使い方なんて全くわからないですよ。

これ物凄く重要な考え方!

 

要チェックです。

 

教えを忠実に実践して年間4000万売上げる治療家

 

私と付き合いの長い1人の治療家を紹介していく。

大阪の富田林で鍼灸整体院を経営している。ここの院の凄さはSNSでの圧倒的な地域浸透。

YouTubeの広告もそうですし、LINE@も1400を超す登録者数。

インスタに関しては約2万フォロワーいます。フォロー数なんて本当に僅かです。

 

でも当初はSNSなんて何もしてなかった。

チラシも中途半端、ホームページも中途半端。何もかも中途半端な状況でそこから持ち直していきました。

 

最初にも伝えたように

昨年は平均で売上300万を超えています。

 

さらに驚くのは毎月新規が10名以上あります。単価は1万です。

信じれないですよね?

 

ぜひ、生ライブ対談をご覧くださいね!

 

地域で当たるターゲットを早く見つける

ホームページを出す、チラシをまく、紹介を仕掛ける。

他にもクーポン誌を出したり、Facebookを投稿したりたくさんやるべき事はある。

 

その時に大事なのが「誰」に対してその情報を出しているのか?

 

このターゲットを間違えるだけで反応が全く変わっていく。

 

もしあなたが今反応がなくて困っているとしたら

ターゲットを変えるだけで反応が急に現れる事だって珍しくない。

 

優先順位として新しい広告を学ぶよりも先にどのターゲットが反応するのか?

を見つけるのが先!かもしれない。

そこを見つけたらあとは、そのターゲットに対してありとあらゆる手段を用いて広告を出しまくる!

 

それで一気にそのターゲットを、そのマーケットで抑えてしまう。

 

今までは何も考えずに「腰痛専門」にしたら当たった時代。

今はそうではなくなってきてる。時代は変化し続けている事に気付いた方がいい。

 

今のあなたのその基準値でこの時代の流れについていける?

治療院のホームページの反応を激変させる裏技


ホームページは絶対に準備して方がいい広告媒体です。

ここに時間をかけている治療院経営者はハッキリ言ってセンスゼロです。

 

自分が休憩していても、寝ていても、24時間どんな事があっても

営業をし続けてくれるホームページを必死に育てないというのはセンスなさすぎです。

 

だから今すぐ作る!!

 

その中でも意識して欲しいのは

実績の証明の

魅せ方!!

 

周りと同じ魅せ方してても仕方ないんですよ。

違うことをドンドンしてかないと

最新治療院経営スタイル

今までと治療院に求められている事が変化してきている。

「痛みをなんとかして欲しい」

そんなニーズに応えていく場所だった治療院が、もっと綺麗になりたい、もっと強くなりたい、など多種多様なニーズに応える場所になりつつあるのをお気づきだろうか?

いや、俺は生粋の治療家だから治療以外はやらない!

もちろん、それはそれでありです。

 

でも日本のマーケットサイズを考えて欲しい。

 

確実に患者数は減少していく。

という事は売上が減少していく。患者数が減っても売上を確保するためには値上げをする。というのが1つの手段です。でも残念ながら日本人の可処分所得は減少の一途をたどっている。

だから高単価にしていく、よりも受けやすい価格でニーズを複数解決していくというスタイルが受け入れられやすい。そんな時代になりつつある。

その準備をもうしていますか?

 

1人治療院経営必須タスク「値上げ」

売上=単価×頻度×顧客数

1人治療院は数に限界がきます。そして限界の数を増やしていくと自分の体が壊れてしまいます。

もちろん、ビジネスモデルを構築していけば話は別ですが

大半の方は治療院経営だけで、治療ビジネスをしていくと思いますので数の限界は頭に入れておかないといけません。

そうなると意識しないといけないのは「単価」になります。

 

そして単価ですが1回あたりの治療費、だけを考えてはいけません。

例えば、1万の費用で60分時間をかけていたら1分あたり166円です。

20分3400円と大して変わらないわけですよ。

 

だから分単価という考えも持っておかないといけないです。

 

最低でも250円の分単価は意識してほしいと思います。

 

高単価を受け入れるタイミングとは?

では値段を上げたら普通に来院してくれて普通に継続してくれるのか?

そんなうまい話はありません。

 

そんなことがあるのであればみんな高単価で成功しています。

 

違うんです!でも、人として当たり前になれば受け入れてもらえます。

人として出来ていないので受け入れられないのです。

 

相手が高単価でもお願いしよう!と感じるのはどんな時でしょうか?

それがわかっていないとどうしようもないわけです。

 

この動画では高単価でも人が納得して、喜んで支払ってくれる理由について

お伝えしています。まずは知ってください。

 

 

この記事は参加型として、読者の方の反応があったら更新していくというスタイルをとりました。

2回の更新で終わり、3回目の更新に至らなかったためここまでの記事となっています。

 

私のLINE@を取ってくれている方に公開しますね。

ぜひ感動くださいね!

LINE

1 個のコメント

  • 有料と無料情報の差はひとえに行動量の差ではないかと感じました。
    無償情報でも有益なものがありますし、ただ自分のように亀より遅い行動量といい話だったなで終わってしまう差なのかなと感じました。
    それと事故流になっていることかなと。
    そのままをただ愚直に継続することができてないことが原因のように感じます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です