初回に患者さんに伝えるべき3項目"治療院経営の秘密”

コラム

 

は最初の印象でその人の価値・可能性を決めます。

 

 

治療院経営でいえば初回の対応で患者さんは

あなたの価値・可能性を決めるわけです。

 

 

今回の記事では

説明の仕方による印象についてお伝えしていきます。

 

 

初回でしっかり伝えておきたい3つの項目をお伝えします。

 

 

もし現在この項目を伝えていないのであれば

今すぐ伝えるようにしてください。

患者さんの改善率が上がります。

 

 

1、      なんで痛いの?

2、      なんで今まで治らなかったの?

3、      具体的に何をすれば治るの?

 

 

この3項目を伝えてください。

それを患者さんが理解できる言葉で説明してください。

 

 

あなたの治療技術がいくら素晴らしくても

相手が可能性を感じる魅せ方をしないと改善しにくいです。

 

 

魅せ方を意識するというのは患者さんのためになります。

 

 

リピートしてもらわないことには改善率は上がりません。

改善率が上がらないことには売上も上がりません。

 

 

ぜひあなたの持っている素晴らしい技術を

患者さんにとって必要なものと感じられるような魅せ方、伝え方を意識してください。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ランキング

  1. 1

    前川雅治の想い

  2. 2

    今から1年で1200万稼ぐ仕組み公開

  3. 3

    月商60万の治療家が年商3000万に到達か!?その変化の源とは?

  4. 4

    前川が失敗とどう向き合ってるのか?

  5. 5

    口コミの低評価は載せない方が良い?

TOP