お客さんがリピートしないホントの理由は?【治療院 接骨院 経営】

マインドセット

前川:では、今日はですね「リピートしない本当の理由」についてお話ししていきたいと思います。

今、SNS見てても「リピート講座」みたいなんやってる人がすごい多いと思うんですけども、これ正直思うんですけども、「リピートっているか?」みたいな、「そのノウハウいるか?」っていうのがすごいあって、これいらないと思ってるんですよね。

 

森田:なるほど。何かじゃあ今日は、塾生さんとかでも「リピートのことで、こう考えて失敗しがちな人」とかがいて、「それはこうなんだよ」っていう感じで、そのちょっと何だろうな、考え方がシフトチェンジするような感じで話していただけると。

 

前川:OKです。リピートしない本当の理由。

 

 

「また会いたいな」と思われないといけない

森田:これ、細かいこと挙げだしたら切りないですけど、そこをいい具合で上からバシッと見てるのが前川先生なんで。

 

前川:そうですよ。だって究極のこれ考えてほしいんですけども、今って誰が人気ですか?芸能人で。

 

森田:やばい、テレビゼロやからな。

 

前川:俺もゼロなんですよ(笑)。

 

森田:(笑)。誰が人気なんやろう。

 

前川:昭和人間だから木村拓哉さんしか名前出ないですけども。

 

森田(笑)。

 

前川:キムタクがね、整体院やったら絶対リピートしますよ。何でですか?

 

森田:そこに好きなファンが来て、会いたくて会いたくてしゃあないから。

 

前川:ですよね。昭和の人間やったら鈴木亜美とか。

 

森田:ああ、いいですね。

 

前川:やったらリピートしますよね?

 

森田:リピートしますね(笑)。

 

前川:(笑)。「何でですか?」って話ですよね。

 

森田:きれいやから。清潔感ありそうやしな。

 

前川:結局、究極これだと思ってて。

 

森田:確かにこれ、そう言われたらなんかハッとさせられるな。

 

前川:こうですよ。結局、こう思われるかどうかですよ。

「また会いたいな。すぐ会いたい」と思われるかどうかじゃないですか。

僕たちは治療をしてるから、治療技術ってもちろんそうなんだけども、そこだけじゃなくって僕たちって人と人なわけじゃないですか。
だから、治療とか以前の問題ってめちゃくちゃでかくて。

 

森田:確かに。何か今思ったのは、キムタク挙げたじゃないですか。
じゃあ、「歌の絵が格好良すぎるから、声が格好良すぎるからまた行きたいっていうのはあんまり少ないな」と思ったんです。

 

前川:はい、はい、はい。

 

森田:「それって、施術も一緒かな」っていうふうに思って。

 

前川:そうですよね。だって飲み屋とかでも、「そんなうまくないけど、あのおっちゃんおるから行くわ」とかあるじゃないですか?

 

森田:確かに、確かに。

 

前川:もちろん、うまいに越したことはないんですよ。
でも、まずはここなんですよね。

 だからリピートしない本当の理由は、「あの人に会いたくないな」って、「別にほかの人でもいいんじゃないかな」って思われてるからなんですよ。

それって技術どうこう、もちろんあるんだけど、それってウエイトとしてはそんなに大きくない、僕らが思ってるほど。
その前の「人としてどうなの?」っていう部分のウエイトの方が絶対大きいんですよ。

だから、ここに僕たちはまず気付かないといけないですよね。

じゃあ「また会いたい。すぐ会いたい」、そう思われるには、どういったことを意識しないといけないんですかっていうのを考えないといけないんですよ。
リピートって究極、ここをしっかりやっているかどうかなんですよ。

これができたうえで、「扱ってる商品いいですか? どうですか?」って話になってくるんで、リピートテクニックとか、そんなんは後なんですよ。

 

森田:そっか。僕、施術家だからちょっとやっぱ職人気質で、技勝負みたいなところがあって、人と人とっていうとちょっと度外視じゃないですけど薄くなりがちですよね。

 

前川:そうです、そうです。

だから、「あなたがまた会いたい、すぐ会いたいって思える人ってどんな人ですか?」っていうのを考えないといけないんですね。
「自分に興味関心をどんだけ持たせれるか?」ですよ。

 

森田:これ、またあれだな。本質的な根っこの部分言われてますね。

 

 

どんな人だったら「また会いたいなあ」と思う?

前川:むっちゃ重要なんです。だから、来る前の段階で、どんだけ自分に興味関心を持たせてるかも大事だし、実際会った時に、広告で興味関心持たせてハードル上げてるわけじゃないですか。

そのハードル以下だったら終わるわけですよ。
そのハードル以上の人間性を見せることができたら、もうほぼリピート決まってるわけですよ。
ていうのを考えないといけないんですね。

だから、まず院内に入ってくる前はどういうふうに自分を見せてるのか、「自分はどんな人間なんだろうな」っていうのを伝えてるのかどうか。
で、実際入ってきた時に、それ相応もしくはそれ以上の自分をちゃんと演出できてるのかどうか、まずここじゃないですか?

これがちゃんとできてたうえで、トークの順番であったりとか、こういったフレーズを言うであったりとか、その治療するであったりとか、そういったのになってくるんで、まずここをちゃんとしていきましょうね。

じゃあ、「どうやったら興味関心持たれますか?」なんですよ。
もちろん、来る前は広告の話なんでそこは省いといて、入ってきてからの話でやっていきたいなと思うんですけども、森田さんどうですか?
どんな人だったら「また会いたいなあ」とか思います?
別に、治療業界で考えるから、みんな頭硬くなるわけで。

 

森田:ハキハキしゃべって、ハキハキしゃべるってでかいな。

 

前川:でかいですよね。はっきり話す。

 

森田:目見て話すとか。

 

前川:目を見て話す。

 

森田:何かムニュムニュ話されたら、ちょっとしんどいですもんね。

 

前川:ですよね。ほか、どんなんありますか?

 

森田:何て言うんやろ。「あざっす」とか言う人、僕苦手なんですよ。

 

前川:(笑)。

 

森田:ちゃんと「ありがとうございます」って言えない人(笑)。

 

前川:はい、はい、はい(笑)。言葉遣いね。

 

森田:めちゃくちゃ嫌いで、あと「ありがとう」と「ごめんなさい」言えない人もあれですよね。

 

前川:あいさつみたいな感じですね。はい、はい、はい。

 

森田:清潔感も欲しいですよね。何か、めちゃくちゃきれいじゃなくてもいいけど、汚い感じは嫌ですよね。

 

前川:ですよね?

 

森田:あとは、何あるやろう。

 

前川:ほか何あります? これ面白くないですか?

今、結構考えてくれてるじゃないですか、めっちゃ。
まだ5個しか出てないんですよ。ってことは、考えてなかったら何も出てこないんですよ。

 

森田:確かに。

 

前川:ていうか、何も意識せずに初対面の人と会ってるってことです、みんな。

 

森田:確かに。

 

前川:初対面って、めっちゃ大事ですよ。それで決まるんですから。

そこで印象悪かったら、取り返すのめっちゃ難しくなるわけじゃないですか。

そんなめっちゃ重要な部分を、多くの方は考えずに会ってるんですよ。

 

森田:ほんまですね。

 

前川:リピートどうのこうの言ってるけども、そんなんより「ここでもうあかんかったら、そのトークが生きてけえへんで」って話なんですよ。

 

森田:これはハッとさせられてますね。

 

前川:(笑)。めちゃめちゃ重要ですよ。

はっきり話す、目を見て話す、言葉遣い、あいさつ、清潔感めっちゃ大事ですよね。
あとは、まあ気遣いができるとかも大事ですよね。
「足元どうですか?」とか、「段差ありますよ」とかも大事だし。

これ、めっちゃ大事ですよね、笑顔。

 

森田:あー大事ですね。

 

前川:初めて会ったときに、笑顔でパッて会うのと、ブスッとして会うのとで全然イメージ違いますよ。

 

森田:全然、違いますね。

 

前川:もう、笑顔で迎え入れられるだけで、一気にリラックスできるんですよね。
だから「笑顔できてますか?」ってめっちゃ重要ですよ。

 

森田:「こんにちは~」とかって出たら、もうやばいですね。

 

前川:やばいです、やばいです。でも、めちゃめちゃ治療家さん多いですよね、これ。

ていうのを出していったら、いろいろ出てくると思うんですよ。

 

 

リピートしない本当の理由

前川:まず、ここですよね。

リピートしないほんとの理由は、「あなたと会いたくない」と思われたんですよ。
どんだけ治療が良くても、会いたくないんですよ。

あるでしょ?「どんだけ料理うまくても、行きたくない」って。

 

森田:ありますわー「この無愛想な店員め」みたいな。

 

前川:あるでしょう?「この店員めっちゃ香水の匂いきついやんけ」みたいな。
治療院もあるんですよね。「この先生めっちゃたばこ臭いやんけ」とか、「汗臭いやんけ」とかってあるわけじゃないですか。

「気にしてますか?」ですよね。

 

森田:あー確かに。

 

前川:たばこ吸ってる人とかはもう、「テクニックとか、それ以前の問題ちゃんとしてます?」みたいな。

そこさえちゃんとしてたら、基本的に来た人ってのは来るんですよ。
だって、行く気ない所に行かないでしょう?

 

森田:確かに。興味あるから行ってるんですもんね?

 

前川:そう、そう、そう。「お試しだけで行こう」ってなかなかならないですよ。
それこそ僕これですよ。この前の何個か前の動画のやつ、これね。

脱毛、行く前提で行ってますからね。
「行く前提で行って、別に嫌じゃなかったから行こう」みたいな感じじゃないですか。
これですよね。

 

森田:そこだわー。

 

前川:ここでしょう。

 

森田:僕最近ゴルフ始めて、それ行ってめちゃくちゃ元気な、ハキハキしゃべる笑顔のすごい、声のでかいお兄さんに教えてもらうことになって、何か教えてもらったことが1個だけで、何も別にまだ教えてもらってないんですけど、だけどその人がいい人すぎるから、「この人出勤してるときだけ行こう」ってなったんですよ。そういうことですよね?

 

前川:そういうことですよね。

 

森田:中身じゃないですもんね?

 

前川:そうですよね。

 

森田:レッスン前にすごさも知らんし。

 

前川:そう。だから、知らん人からしたら分かんないわけですよ。

分かってきたらね、「もっと技術ある人がいい」ってなるかもしんないけど、最初分かんないから、全然そうだと思うし、今何を言おうか忘れたな。

今、グッて出てきたんやけど忘れたな。
でも、そういうことですよ。

 

森田:(笑)。そういうことですよね。絶対そうだ。

 

前川:大事、それ。そんな感じかな。

 

森田:分かりました。「何かやっぱりトーク頼りになっちゃうけど、足元見失ってない?」っていうふうなところですよね?
これ、多分かなりハッとさせられる。

 

前川:めっちゃ重要よ、これほんまに。ここ意識してください。

 

森田:はい。ということでメルマガのリンクがですね、動画概要欄の一番上にあります。
プレゼントを配布しまくってるそうなので。

 

前川:取りまくってください。

 

森田:ぜひ、リンクをチェックしてみてください。

では、今回は以上です。ありがとうございます。

 

前川:ありがとうございます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ランキング

  1. 1

    【治療院経営】不満爆発!飲み会直後にコンサル生が裏側を暴露

  2. 2

    前川雅治の想い

  3. 3

    今から1年で1200万稼ぐ仕組み公開

  4. 4

    月商60万の治療家が年商3000万に到達か!?その変化の源とは?

  5. 5

    口コミの低評価は載せない方が良い?

TOP