自費移行の代表的な失敗例トップ3

マインドセット

 

前川:自費移行の代表的な失敗例について話をしていきます。
前回の動画では“成功するために”かな、そういった話をしたと思うんですけども。

今回はですね「こういう事をしてるから失敗するんだよ」っていう、もう失敗例を話していきます。

ドクターX:はい。

前川:貴方がもしですね、「やってるけども、上手くいってないな」とか「これからやるんだけども、こうやってやっていこう」と思ってて、これに当てはまってるんだったら間違いなく失敗するんで、是非ですね、軌道修正をして頂けたらとおもいます。

ドクターX:はい。

失敗例の典型例

前川:ではやっていきたと思います。この3つが典型例としてあります。

まず1つ目ですね、「中途半端な(   )」。何だと思いますこれ?

ドクターX:なんか保険の人もいい、自費の人もいいみたいな。

前川:ああ、それもある。

ドクターX:ぐちゃぐちゃしている。

前川:ぐちゃぐちゃ! そう、そうなんですよ。何かというとですね「中途半端な価格設定」です。

ドクターX:ああ、なるほど、なるほど。

前川:保険+自費。そんなもん一人治療院でやったらだめですよ。この戦い方やめた方がいいですね。

大体1店舗で見える数は決まってくるので、集まるのがね。

なんで自費でするなら6000円以上はとっていかないと、厳しくなってくるんで、そこをまず理解してください。

ドクターX:はい。

前川:2つ目。「自信の無さからくる(   )」。何だと思いますか?

ドクターX:「自信の無さからくる、さらなる技術向上」みたいな?

前川:ああ、それも書いたら良かったなあ!

ドクターX:(笑)

前川:それは、ある。そう、ほんまそれがありますね。でも、ここで書きたいのはそれじゃないんですよ。

ドクターX:ああ、ちょっ、なんやろ。

前川:これはですね、「自信の無さからくるムダ話」

ドクターX:へえ、どういうことですか?

前川:……による治療時間の長さ。

どういうことかというと、自信が無いからいろんなムダな話をするんですよ。そんなことしているから治療時間が長くなるんですよ。

ドクターX:へえ、なるほど、なるほど。

前川:「時間によってお金を貰う」っていう感覚を持ってる治療家さんが凄く多いですね。

ドクターX:ああ、そういうことですね。

前川:これ、めちゃめちゃ多いですよ(自信の無さからくるムダ話)。

これ似てるんですよ。「不安だからと余計な(   )」。ホニャララをしてしまうんですね。

ドクターX:余計な治療をする。

前川:おお!そうです。

ドクターX:おお、マジですか?

前川:そうです。「余計な治療」をするんですね、特にマッサージ。

ドクターX:ああ!

前川:揉んでたら……マッサージ師さんをバカにしているわけじゃないんですけどね。不安だからと余計なマッサージをして時間稼ぎをするんですね。

ドクターX:ああ。

前川:なんで「ムダな話」「ムダなマッサージ」、ほんまはやらんでいいと思ってるのに、これで時間を稼いでいくんですよ。

それによって時間でお金を貰おうとしてますね。この価値観というか考え方がダメですね。

ドクターX:どういう風に考えていったらいいんでしょうね?

 

結果に対してお金をもらう

前川:はい、いきますね。自費移行で治療でやっていくんであれば、僕たちは「結果」です。結果に対してお金を貰わないといけないです。

ドクターX:はい。

前川:これをやってる先生は違うんですね。慰安なんですよ。
「相手に癒しを与える」っていう感覚を持ってるんですね。

ドクターX:なるほど。

前川:本来自分は治療をしていると思っているんですよ。
でもやってることは感覚的には慰安なんですよ。

なのでまあ、結果を求めるんだったら、「短ければ短い程良い」じゃないですか。

ドクターX:うんうんうん。

前川:そこはちゃんと落とし込まないといけないですよ。

ドクターX:そうですよね。結果という価値ですもんね。

前川:そうです。美容室行って、2時間、3時間かけられて嬉しいですか?

ドクターX:キツイっすね。

前川:キツイっすよね?「はよ終わってくれよ」と思うわけじゃないですか。

ドクターX:はい。

前川:結果を求めて行ってるんすから。癒しを求めたらね、そら長い方がいいですけども。そこの部分ちゃんとわからないといけないんすよ。

ドクターX:うんうんうん。

前川:「自分たちが提供しているものは何なのか?」ですね、保険の先生ってそこ分かってないです。「自分は治療をしている」というけど、「お前は治療を提供してない」やろと。

ほんまに治療を提供しているのだったら、結果を提供しているのだから短い時間で出したほうが、喜ぶに決まっているじゃないかっていう考え方ですね。

ドクターX:はい。

前川:これを持っていない人っていうのは、失敗しています。

ドクターX:ううん……。

前川:この3つ当てはまっているって人は、まず失敗するんで、気を付けたほうが良いですね。

ドクターX:うんうんうん。

前川:どうでしょう?ドクターXさん。

ドクターX:いや、めっちゃわかりました。なんか、どういう失敗があるのかなっていうのが、ほんとに何も分からなかったので、PT出身者なんで。

前川:なのできっと若い人程、できているのは、こういった事がちゃんとわかっているんだと思います。今の若い人程、時間をもっと大切にしていると思いますよ。やりたい事に時間を向かわせるっていう。

スマホばっかりで年上の方からしたら、「時間をムダにしているな」と思うかもしれないけども、多分違うんですね。時間の価値観とかやっぱり、「今の若い人の方があるのかな」と思ったりしますし。

ドクターX:じゃあ、若い人の方が自費移行がやっぱ上手いとかなんか、そんなイメージがあるんですか?

前川:いや、めちゃめちゃありますね。

ドクターX:ああ。40~50代の方はちょっとしんどい……。なんというか……。

前川:脳も固くなってますね。

ドクターX:ですよね。

前川:なので、大体そうじゃないですか。やっぱり100万とか200万とか300万とか成果を上げて出てくる人って、大体20代、30代、多くないですか?

ドクターX:確かに。

前川:それ以上になると少なくなってきますよね。これがもう答えだと思いますね。

ドクターX:100%保険診療で、1人でやってる人っていますよね。

前川:いるでしょうね。

ドクターX:大体、アッパーだとどのぐらいの感じですか? 

前川:アッパー、それで100いったら天才やと思いますよ。

ドクターX:ああ、そうなんですね。

前川:保険診療でいくら入るかって知ってます? 

ドクターX:その辺は全くわからない……。

前川:マックス(MAX)ですよ、マックス(MAX)で大体1500円なんですよ。

ドクターX:はい。

前川:整骨院って昔はですよ、これは調べたら出てきます。5分とか10分でやってたりとかしてたんですね。

めちゃめちゃまわしたりして、1日200人とか300人とか診てた訳ですよ。
じゃあ、200かける300……合ってる?

ドクターX:1、2、3……。

前川:4個かな? 1、10、100、1000、10000……。こうなる訳ですよ。
これだけだとめっちゃいい時代ですよね? 30万。

ドクターX:はい。

前川:これが今、1日200人なんてマジいないっすよ。

ドクターX:うんうんうん。そうっすよね。

前川:マジで診て30人とかですよ。これ、めっちゃ忙しいと思います。

ドクターX:10、100……。

前川:4万5000円ですよ。

ドクターX:4万5000円、はい。

前川:これで20日だったら……。

ドクターX:90。

前川:90万です。100万で……。

ドクターX:はい。俗に言う手取りってやつですか。

前川:これ実際に入金、国からの保険が入ってきたやつです。

ドクターX:ああ、しんどいですね。

前川:めっちゃしんどいですよ。ヤバイでしょ、これ。

ドクターX:なんでそんなしんどいことから早く……。

前川:ねえ。ここから先はまたオフレコで。

ドクターX:はい。

前川:はい。ていうことなんで、この失敗例を是非されないようにして頂けたらと思います。

そういう感じでこの動画は終わっていきます。さよなら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました