最強の提案を作ってあなたが選ばれるためには?

マインドセット

前川:今日は「断り切れない最強オファーの作り方」っていうのをテーマで話をしていきたいと思います。

どうですか。この「断り切れない最高オファー」
どんなイメージあります? オファー。

男性A:オファーにどんなイメージがあるか?

前川:そう。治療業界のオファーと言えば?

男性A:オファーと言えば? 初回の、安く、安く、安く。

前川:そうですね。「初回1,980円、全額返金補償」だけじゃないですか。
きっと治療業界のオファーでイメージするのは、それだと思うんですね。
勿論それもそうだと思うんだけども、それってオファーっていうより「保障しますよ」みたいな感じだと思うんですよね。

男性A:なるほど。

前川:じゃなくて、もっと違う部分でオファーを出していって欲しいなと思うんですよ。
なので、今日の内容はめちゃくちゃ難しいと思います。なんで、わかる人はほんの一部だと思います。

でも、このわかった人から100万円以下を抜け出していくのかなと思いますので、何度も何度も聞いてもらえたらと思うんですけども。

 

オファーとはワクワクするもの

前川:まずオファーっていうものは、あえて言うとワクワクするもの。
「何でワクワクするのか?」なんですね。
結局、ワクワクしないものってオファーじゃないんですよ。ワクワクさせないといけない、相手を。

男性A:「〇〇円で、こんな体験できるんや~」みたいな。

前川:そうです。そうです。でも、〇〇円関係なくワクワクできたら良くないですか? もうそれで充分なオファーになってるんですよ。

男性A:ああ、なるほど。なるほど。

前川:勿論安さでもワクワクする時もあるけども、それ以外でもワクワクさせないと。

男性A:なるほど。「沖縄行ったらこんなことできるんや~」みたいな。

前川:そうです、そうです。もう値段関係なくワクワクしてるじゃないですか、行く前から。

男性A:はい。

前川:あのワクワクさせるのがオファーなので、あれを作らないといけないんですね。

男性A:なるほど。

前川:じゃー、「僕達だったらどういったことをすればワクワクさせれますか?」っていう話になってくるわけじゃないですか。

どんなことがあります?

男性A:「こんなに痛かった人がこんなに良くなりました!『やったー!』って言うてはります!」みたいな。ちょっと軽いけどね。

前川:まあ、軽いですけど、そうですね。
結局は何か未来が見えたら「ワクワク」するわけですよ。人って未来に希望とか夢を持ったらワクワクできるんです。活き活きしていけるんですよ、僕みたいに。

男性A:これはどういう編集になるんでしょうか?(笑)

前川:どういう編集になるかわからないですけども
ところで、まず決めないといけないことは、「〇〇と言えば〇〇だよね」。これをまず決めないといけないです。
○○は何かと言うと、これはあなたなんです。

男性A:難しいですね。

 

あなたの役割はなんですか?

前川:「あなたの役割」と言ったらいいんかな?
格好良く言うと「ポジショニング」。〇〇と言えば〇〇。

沖縄と言えばマリンスポーツに、何とかにってあるわけじゃないですか。
もうあるでしょう?役割が。

前川雅治と言えば一人治療院経営みたいな。 ある? まだ?(笑)

あるわけじゃないですか? そこをやらないといけないんです、まずは。

男性A:ああ。

前川:そのポジションがあったうえで、その人の悩みですよ。相手の悩みね。
わかりますか? これ、ちょっと難しいでしょう?
これ(あなたの役割)は供給でしょう? 「きゅう」ってどう書くんですか?

男性A:給料の、糸偏に。

前川:こうやね。供給、こちら(相手の悩み)が需要でしょう?
もう、言うたら需要と供給なわけじゃないですか。

男性A:そうですよね。

前川:供給過多になっているから、誰もワクワクしてないんですよね。
どっかに行ったらどこでも一緒やろなと思って、選んでるわけじゃないですか。

男性A:ですよね。

前川:そうじゃないんですよ。「その中で供給してないものは何なのか」ですね。それをやるんです。それがオファーじゃないですか。
最強のオファーですよ。

男性A:なるほど。

前川:無いものを出す。それだけでオファーじゃないですか。

男性A:はあ、はあ、はあ、はあ。

前川:革新的なオファーですよね。

男性A:何かそういう事例って、メソッド生の方とかであるんですか?

前川:知らん!

男性A:「知らん」(笑)。でも、そういうことですよね。

前川:そういうことです。

今、時間計ってくれてるiPhoneとかって、凄い革命的なやつだったわけじゃないですか。

男性A:そうですよね。

前川:何でしたっけ? 音楽も聴けて、カメラも撮れて、ネットもできて。

男性A:ガラケーのあの時代とは考えられないですよね。

前川:そうです。値段安いとかありました? ないですよね。

男性A:はい。

前川:最強のオファーじゃないですか。

男性A:ああ、そっか。おおー。「iPhoneじゃなかったらあかん」ってなってますもんね。

前川:そうです。そうです。あれは最強のオファーなわけですよ。
「じゃー何ができますか?」ですよね。それを作らないといけないです。

男性A:なるほど。

前川:だから僕、前川雅治と言えば一人治療院経営だったりとか、前川雅治と言えばSNS集客だったりとか。

男性A:マインドセットお化けとかですよね。

前川:お化けとか、仏のドS治療家だったりするわけじゃないですか。
っていうのがポジションとしてあるわけじゃないですか。

男性A:はい。

前川:僕はそういった供給をしてますよと。それを求めてくれる人達がいるわけですよね。

求めてくれる人がいてても、これ(供給)が多かったらここじゃダメです。これ(ポジショニング)にはならないですよ。

僕はやってる人がいないところで打ち立ててるんですよね。

男性A:なるほど。

前川:それを求めてる人の悩みを知ってるから、その人に対して僕は手を出してるわけじゃないですか。

男性A:なるほど。

前川:「これを治療院でやりましょう」ということなんですね。

男性A:だから、金額がどうとか。

前川:そう。

男性A:保障がどうとか。

前川:そう。

男性A:特典がどうとかっていうのは、もう一部の一部の一部でしかないってことですね。

前川:そうです。

男性A:枝葉ですよね。

前川:おまけですよ。
何? 夜店行って、「サービスしたるわ」みたな、「あ~ありがとう」みたいなぐらいのレベル。

男性A:ああ、「あの焼きそば屋より、こっちの焼きそば屋のほうが」みたいな。

前川:そうです。そうです。「こっちのほうが量が1.5倍やから、それやったらいくかな……」。

男性A:なるほど。そういう時に、例えば、っていうか、どこにも焼きそば屋ないとして、自分が焼きそば屋やったらいけるよっていう話ですよね。

前川:そういうことです。そういうことです。
それが最強のオファーじゃないですか。

男性A:なるほど。

前川:なので僕の塾が……、ぶっちゃけますけど、多分治療業界で一番高額なんですよ。

男性A:はい。

前川:でも、何で入ってもらえるのかですよ。
何か僕に求めてくれてるわけじゃないですか。

男性A:うん、うん、うん。

前川:僕の中では、僕の最強オファーがあるわけなんですよね。
だから高くても入ってくれてるわけですよ。
それを作らないといけないです。それは何なの? それを考えるんですよ。

男性A:ですよね。

前川:それを考えるのが仕事なんで。
これが欲しいんだったら入ってこいよって話ですね。

男性A:確かに。それで今「ポッ」と言って、「パッ」と実践するぐらいやったら、もう会社員でいいんじゃないでしょうか?

前川:そうでございましょうか?

男性A:いやいや(笑)。

前川:はは(笑)。

男性A:聞かれ直しても。

前川:重要なことなんで、ほんまこれ(ポジショニング)って凄い重要なんですね。

男性A:はい。

前川:なので、勿論値段を割安にするとか、全額返金、2倍返金、3倍返金とか。後は一日3名とか、そういう限定性出したりとか、緊急性出したりとか。
オファーの作り方って色々言われてるけども、究極のオファーというのはこれですよ。

需要と供給で供給してないものを見つけることです。
それが最強のオファーです。なので、やることは「あなたの役割は何ですか?」と。

男性A:なるほど。めちゃめちゃ根本的なお話ですね。

前川:そうですよ。根本ですよ。これがわからないと、何もかもできないじゃないですか。

男性A:確かに。もう、あそこより安く。

前川:そうです。そうです。なので、何かバカにしていきますよ。

男性A:はい。

変化し続けて、人の先を行く

前川:「腰痛専門院と言えば〇〇です」みたいな、めっちゃ多いじゃないですか。地域唯一の。

男性A:出た。

前川:「地域唯一ですよ」みたいな。「あっ、ここ唯一や」みたいな。

男性A:やってました。やってました。「大阪市で唯一の」みたいな。

前川:ね。昔はこれ誰もやってなかった、昔は。

男性A:そっか。

前川:でしょ?

男性A:はい。

前川:今、みんなマネてやってるから、もう違うわけじゃないですか。

男性A:はい。唯一まみれですもんね。

前川:唯一まみれです。

男性A:ああー。

前川:だから常に変化をしていかないといけないわけですよ。

ダーウィンですよ。ダーウィンが言ったでしょ?
「強いものが勝つんじゃなくて、変化できるものが勝つんや」と。変化していかないと。

男性A:ですよね。

前川:これだから、昔これ(腰痛といえば○○)何でなかったのか?と、これ(需要と供給)が出てからでしょう?
それでこいつ(ポジショニング)に戻って、「あなた何できますよ」「ほかにない」とか、圧倒的なオファーを使うわけですよ。勝ったわけです。
じゃー今はどうやったら勝てるんですか? 見つけないと。

男性A:それをみんなマネしてきますもんね。

前川:そうです。そうです。だから先を行って行って行かないと。

男性A:ほんでそうか。先を行っても、また、それもまた、「凄く上手いこといってるらしいで」言うて、またマネされるから、また変化するってことなんですよね。

前川:そうです。そうです。

男性A:はい、はい、はい。

前川:でも先に行ってしまうと、そこのマーケット取りつつ、また次のも取れるからめっちゃ強いです。

男性A:ああ、強いですね。

前川:だから「先行射撃」っていう言葉があるんですよ。

男性A:ですよね。

前川:はい。それを取る動きをしていかないと。

なので、この「オファーを作る」っていうのは、めちゃくちゃ重要なんですけども、殆どの治療院経営者やってないことになるので、是非、真剣にやっていただきたいなと思います。

男性A:はい。

前川:はい。こんな感じで終わっていきますか?

男性A:大丈夫です。オッケイ。

前川:じゃーこんな感じで終わっていきたいと思います。じゃー、さいなら。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ランキング

  1. 1

    前川雅治の想い

  2. 2

    今から1年で1200万稼ぐ仕組み公開

  3. 3

    月商60万の治療家が年商3000万に到達か!?その変化の源とは?

  4. 4

    前川が失敗とどう向き合ってるのか?

  5. 5

    口コミの低評価は載せない方が良い?

TOP