自費移行初月で100マン突破した重要な秘密とは?

対談

 

前川:では、今日は対談を行っていきたいと思うんですけれども、先生、自己紹介をお願いしていいですか?

 

篠原:はい、鹿児島県の出水市で整骨院を経営してます、篠原といいます。
よろしくお願いします。

 

前川:先生、リラックスしていってくださいね。

 

篠原:はい。緊張しいなんで。

 

メソッドに入る前のこと

前川:先生、そこの治療院はもうどれぐらいになるんですか?されて。

 

篠原:今はもう7年半ぐらいですね。

 

前川:あ、そうなんですね。もう結構長いですね。

 

篠原:長いですね。長い、年数だけは。

 

前川:なるほどですね。実際、今回メソッドに入っていただいたわけですけども、入る前ってどんな悩みを抱えられてたんですか?

 

篠原:そうですね。7年半も経営してて、ただ単に経営してただけだったんですよ。

 

前川:はいはいはいはい。

 

篠原:集客だとか、そういうのも何もせずに、ありがたいことに近所の方だったり知り合いとかが来てくれてたので何とか経営はできてたんですけど、周りの僕の同期の人が、自費移行とかしてる人とかがいたんですけど。

自分がやりたいなっていうのあったんですけど、やり方も分からないし、どうすればいいのかなっていうので考えているだけで行動できないっていう悩みがありました。

 

前川:なるほど。今まで保険メインだったのを、自費にしたいと思ったけど、なかなか動けなかったっていう状態が7年半続いてたんですね。

 

篠原:まあ、最初の2、3年は多分もっとタラタラしてたと思うんですけど、途中ぐらいから。

 

前川:なるほどですね。自費にしたい理由ってあったんですか?

 

篠原:そうですね。さっきも言ったんですけど、自分の専門学校の同期の友人とかが自費移行して、うまくいってるのとか見たりして、勉強会とかで一緒に学んだりする友人だったんですけど、一緒の勉強だとか一緒の技術とかを学んでるはずなのに、友人の方が高単価ですごいうまくいってるというか、余裕もあって。

自分は保険治療・プラス・少額の自費だけしかもらっておらずに、カツカツというか、いっぱいいっぱいの。

 

前川:悔しいですね、それはね。

 

篠原:そうですね。

 

自費に移行してどうなったか

前川:なるほどですね。じゃあそういう状況で入っていただいたわけですけども、結果として1月から自費に移行して、スタートされたと思うんですけど、売上的にはどれぐらいまでいかれましたか?

 

篠原:売上は、1月は106万4,000円、106万4,650円か。

 

前川:100超えてきたんですね。

 

篠原:はい。

 

前川:今、自費いくらでやってるんですか?

 

篠原:自費は、新規は7,000円でやってます。

 

前川:ああ、そうなんですね。でも、今までは保険・プラス・1,000円、2,000円ぐらいやったかなと思うんですけど、そこから7,000円の壁って3倍、4倍あるわけじゃないですか。

 

篠原:はい。

 

前川:抵抗なかったんですか?

 

篠原:いや、めっちゃありましたね。めっちゃありました。

 

前川:それはどうやって乗り切ったんですか?
乗り切ったっていうか、動かしたんですか?
自分の…その、言葉悪いですけど、今までだらけていた気持ちをどう動かしたんですか?

 

篠原:そうですね。塾に入らせていただいて、皆さん7,000円よりもみんな高いと思うんですけど、やるしかないっていう形で後押ししてくれるので。

前川先生からそう言われて、7,000円でやろうかなって決めたんですけど。

 

前川:なるほどですね。

 

最初の印象、メソッドに入るきっかけは?

前川:今、こうやってお付き合いさせていただいてますけども、僕を最初見たのって、何で見てくれてどんな印象を持ってくれました?

 

篠原:何かいい情報ないかなと思って、YouTubeをずっと見てたんですけど、そしたらちらちら出てきてて、「仏の前川」みたいな。

「何じゃこれ」って最初は思ってたんですけど、ポチって押したときに「こんな治療家はダメだ」みたいな動画を最初に見たと思うんですけど、そこで何か「ほかの治療院をディスったりするのはダメだ」とか、「ダラダラと長く通わせているのは全然良くない」 だとか、そういったことを言われてて、すごい、「何かめっちゃいいこと言ってるな」と思って。

 

前川:なるほど。印象良かったんですか(笑)?

 

篠原:そうですね。そこからいろいろたくさん見ていって、それでちょうど入塾の体験会みたいなのがあったので、それを受けるっていうことで、やりました。

 

前川:なるほどですね。じゃあ「仏の前川」を知ってくれてるっていうことは、仏にしてからそんなにたってない時に知ってくれてると思うんですよ。

 

篠原:はい。

 

前川:そんなに長く見てない状況で体験会に来てくれたと思うんですね。

 

篠原:はい。

 

前川:なぜそれなのに入ってくれたんですか?講座に。

 

篠原:体験会の時にいろいろ話聞いて、すごい納得できるなっていうのがあったんですけど、今までもいい話だったりいい情報っていうのは知ったり、見たり聞いたりはしてたんですけど、それでも勇気が出なくて行動起こせてなかったんですけど、その体験会で前川先生がいろいろ後押しとか、「濃い環境があるのにチャレンジできないのは、こんなん成功なんてできないですよ」みたいなことを言ったんですよ。

 

前川:そんなこと言っちゃったんですね、僕。

 

篠原:はい。多分言ってたと思います。

ここでチャレンジしなかったら今までとずっと変わらんなと思って、その場で決めました。

 

前川:体験会来る時は入るつもりなかったんですもんね。

 

篠原:「話だけ聞いてみようかな」っていう感じです、正直。

 

前川:でもすごい決断力ですね、そこで決めるって。

 

篠原:そうですね。はい。

 

実際に講座を受けてみて

前川:実際その講座が12月スタートで、まだ12月1月の2回しか終わってない段階なんですけど、講座の中で印象的だった内容とか、「これすごい役立ったな」っていうのは何かありますか?

 

篠原:そうですね。マインドの部分ですかね、やっぱり。

患者さんと接するにもやっぱり、自分のマインドがしっかりしてないといいオファーとか、高額のオファーとか出せないと思うので、そこですね。

自分の中で決めるっていうことですね。

 

前川:なるほどですね。

 

篠原:あとは、行動を起こすのに、行動をして結果が出るじゃないですか。

で、分析をして修正をするっていう、そのサイクルを早く回すっていうのが、できてないんですけど、しっかりやっていかないとなっていう。

 

前川:なるほど。めちゃくちゃちゃんと聞いてくれてますね。

 

篠原:そうですね。そこできてないんですけど、まだ。

 

前川:でも先生、まだ保険メインでされてて、どういった方法で自費の人を集客できてるんですか?

 

篠原:そうですね。実際やっていったのはホームページを業者さんに任せてたんですけど、引っ掛かってたんで、悪いやつに。

悪いやつというか、月々2万円払ってリースっていう、やっちゃいけないやつに引っ掛かっていたので、そこで最初ホームページが大事だっていうので、ホームページとチラシが基本だっていうことで、そこをちゃんとしないとっていうので、やりとりしてたんですけど、業者さんと。

全く動いてくれへんかったので。動いたとしても全然イメージと違うとか。

そこも最初ホームページを、もうそれをつぶしてLPを作ったんですよね。

 

前川:それは何か、メソッドのツールとか、そういうのを使ってということですか?

 

篠原:そうです。ツールをまねさせてもらっただけです。

多分、完全にまねできてるかは微妙なんですけど。そのツールで。

 

前川:でも1月はそれでホームページとかチラシ、いろいろ紹介とかもあったかもしれないですけど、大体何人ぐらい新規来たんですか?

 

篠原:1月新規は19。

 

前川:いいですね。

 

篠原:ただ、ホームページからは3なんですけど、あと紹介が8で、チラシが1。

あと、集合チラシっていうのがあって、地域の。それから結構集客ができてましたね。

 

前川:なるほどですね。いろんな媒体から動いてるんですね。

 

篠原:そうですね。

 

前川:なるほどですね。いいですね。
まだまだいきそうですね。

 

篠原:ですね。2月もありがたいことで、もう新規7、8ぐらい。

 

前川:めっちゃハイペースですね。1日1件以上じゃないですか。

 

篠原:ですね。今日までで5で、今日問い合わせが2件あったので、また。

 

前川:ルンルンですね。

 

篠原:それをちゃんとリピートとかにつなげられれば。

 

前川:なるほどですね、ありがとうございます。

 

入っていなかったらどうなっていたか? 今後の夢や目標は?

前川:実際、篠原さん入る前はそうやってくすぶってたわけじゃないですか。

 

篠原:はい。

 

前川:こういう状況を自費でできると思われてました? 入る前。

 

篠原:正直、思ってないというか、不安の方が大きかったですね。

 

前川:そうしたら、この講座入ってなかったらどうなってたと思います?

 

篠原:うーん、そうですね。

多分今までと変わらず、情報だけをただ集めて。

すごいこの塾に入ってためになったというか、分かったのが、情報だけじゃ何の価値もないっていうことは本当すごい理解しました。

 

前川:なるほどですね。そこ気付けて良かったですよね。

 

篠原:そうですね。それに気付けただけでも良かったです。

 

前川:ありがとうございます。

最後に、篠原さん、今後の夢とか目標があれば、最初は自費で100万っていうのが最初の目標やったかなと思うんですけども、さらに大きな夢や目標があると思うので、それを最後教えてもらってもいいですか?

 

篠原:そうですね、まずはあまり大きなことを僕言えないんですけど、まず安定的に100を出していきたいっていうのと、今年中に150……ちょっと目標低いですかね?

 

前川:いやいや。まあいいんじゃないですか、最初はそういうところから。
でも150、変な話今月、来月達成する可能性ありますからね。

 

篠原:まあ、そうですかね。

 

前川:まず、達成しちゃいましょう!暑くなる前に。
鹿児島なんで暑くなったら大変だと思うんで。

 

篠原:そうですね。はい。

 

前川:すみません、今日は貴重な時間ありがとうございました。

 

篠原:すみません、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました