YouTubeはどの目的で配信続けるのがいいのか?

対談

 

前川:じゃあ、次ね。さっきは森田さんから僕質問してもらったから、次僕がしようと思うんですけど。

 

クライアントがどうなったらいいなと思ってる?

前川:森田さん今YouTubeの動画のコンサル入ってるじゃないですか、いろんな。

例えば治療業界のみならずですけど、治療業界でも、大きな協会の動画とか裏方で入られてると思うんですけど、いっぱい入られてて、どうなってほしいと思って入ってるんですか?

クライアントがどうなったらいいなと思って入ってるんですか?

 

森田:やっぱ、少しずつには絶対なりますけど、単純に「その人のファンが増えてほしい」っていうのはめっちゃ、それは思いますね。

 

前川:うんうん。

 

森田:一番うれしいのが、前川先生の塾生さんとかから、要は前川先生のチャンネルを見てる人たちから、「めっちゃ見やすなりました」って、前もありがたいことに言っていただいたんですよ。

で、別のところのクライアントさんからも言われたりとかして、それが一番うれしいですね。

めちゃめちゃうれしいです。

だから、「見やすなった。見る理由ができた」みたいな。

要は、だから主人公ですよね。

だから、「前川先生の素が出てます」とか、「しゃべりやすそうにしてます」とか、「私が聞きたい、かゆいところをその場で聞いてもらってるんで、動画に深みが出ます」みたいな、それがすごいうれしいですよね。

 

前川:それを出すために意識してることってあるんですか?

 

森田:無になってます。

動画を撮影した瞬間、もう何も知らない人になります。

もう、ほんまに「あっ、もう無理。マーケティングの『マ』の字も分からない」っていう。

だから、ほんまに視聴者、YouTubeライブを見て、その場でコメントしてるみたいな、そういうニュアンスですね。

 

前川:へー、なるほどっすね。

 

森田:はい。

 

前川:でも実際、森田さん入られて、やっぱみんな伸びてますもんね、結構。

 

森田:伸びると思います。

伸びてます、伸びてます。

 

前川:ね。何か動画を作るにあたって、いろんな形があるじゃないですか。

動画って答えがないじゃないですか、正直。

 

森田:うんうん、ないです。

 

前川:やっぱ、その時々のはやりすたりもあると思うし。

 

森田:あるある。

 

前川:それはどんなことを考えて「クライアントの動画こうしよう?」って考えられてるんですか?

今、僕としゃべってるから僕の動画、「前川やからこうしよう」みたいなのってあるんですか?

 

森田:やっぱ「身近な存在である」ということを伝えたいのはめちゃくちゃありますね。

「前川先生の素ってこうやねんで。実はこういうふうに人間味あふれる人なんだよ」みたいなのは、僕はめっちゃ。

だから何か僕こっち、裏で、何だろう。

ちょっと前川先生をいじりにいったりとか、「何やねんそれ」とかって言ったりとかっていう。

何か僕が別に、言うたらたたかれてもいいわけで、「それで前川先生っていう人間が伝われば」っていうのは、ほんまに普通に考えてますね。

 

前川:やっぱ動画って、ノウハウ提供よりも人が伝わる方がいいんですか?

 

森田:ノウハウは、やっぱあって当たり前ですよね。

 

前川:ああ。

 

森田:だから芸人面白くて当たり前。

 

前川:ああ、なるほど。

 

森田:だから前川先生、役に立つ情報言って当たり前。

で、プラスで、前川先生とかだったら講座されてるから、もう言うたら「この人にだまされてもしゃあないわ」と。

それぐらいこの人の信用はある、そこは情報では判断できない。

 

前川:そうですよね。

 

森田:はい。だから、AさんとBさんと前川雅治がおったときに、「前川雅治の情報が一番いい」とかっていうのは、多分講座に入る人は分からない。

 

前川:はいはい。

 

森田:分からないから見てるわけなんで、やっぱりそん中で、じゃあ、AさんBさん前川雅治、前川雅治が一番人間味あるよなとか、一番しゃべりやすそうとか、本音で動画を撮ってそうみたいな。

 

前川:なるほど。

 

森田:そういうところが出るんが一番大事やと思うんですよね。

 

森田さんから見た前川雅治の良さって?

前川:なるほどっすね。森田さんから見て、だんだんYouTubeから話はそれていくんですけど。

いろんな治療家コンサルとかも知ってるじゃないですか。

 

森田:はいはい。

 

前川:技術セミナーとかもしてると思うんですけど。

その中で「前川雅治ってここが違うな」と、「ここが前川雅治の良さだよね」っていうのって、何か感じてくれてるとこってあるんですか?

 

森田:僕の中では前川雅治・イコール・マインドセットおばけみたいな感じでは。

 

前川:へー。

 

森田:何か「どう捉えるかをすごい根本的に、本質的にしゃべりはる」というか。

人によってはもしかしたら、もっとテクニックじみたこともして欲しいと思うんですけど。

まあでも、そこも多分「こういう時はこう捉えるんですよ。」
「だから、こういう行動」って普通に自然に出てきますやんっていう。

だから別に何か、普通に無料動画でその辺は全部洗礼されるんじゃないかなって、そこは思いますね。

 

前川:なるほどっすね。

 

森田:普通だとやっぱりテクニックに寄せますもん。

 

前川:楽ですもんね。普通にしゃべっとったらね。

 

森田:はい。

 

前川:だって、あそこに置いてある本を読んで「よし、いきましょう」みたいな。

 

 

森田:そうです、そうです。

 

前川:へー、面白いですね。

 

森田:このまま言っといたら楽ですけど。

ハッとする動画なんやと思いますけどね、僕は。

 

前川:うーん。

 

森田:「あっ、確かに。そういう出来事はこう捉えといたら勝手にこうなるわ」みたいな。

 

前川:なるほど。

 

森田:テクニック走りがやっぱ多いんでね、普通。

 

前川:でも、森田さんやっててどうですか?

テクニックも大事じゃないですか、でも。

 

森田:大事です、大事です。

 

「マインド」といわれるけれど……

前川:言っときながら、話めっちゃ振るんですけど、僕「マインド」って結構言われるんですけど、僕の中では全然マインドってあんま分かんないんですよね。

分かんないっていうか、そのマインドが強い、弱いって森田さんから見て何をどう見てマインドが強い弱いって捉えられます?

僕、よく言われるんですよ。

 

森田:ああ、何か俯瞰(ふかん)的に見てはるっていう感じはありますね。

例えば、グラウンドで何か異変が起きたってなったら、同じグラウンドのレベルで「えっ、やばいよ、やばいよ、やばいよ。これ、こうじゃん、こうじゃん」ってなってるのが、前川先生は1個上のドローンから見てるみたいな。

 

前川:ああ、なるほど。

 

森田:「えっ、でもこれってこうやからね、別に放ったらかしでも良くね?」みたいな。

 

前川:なるほどですね。

 

森田:「そんな慌てることじゃないやん。だってそこに消火栓あるやん」みたいなのが、もうそのグラウンドの人たちは火出てたら火しか見てないっていう。

 

前川:めっちゃ面白い。

今のたとえめっちゃ分かりやすいっすね。

 

森田:ほんまですか。

 

前川:中田英寿みたいなあれですよね。

 

森田:中田英寿みたいな感じです。

それ、そんな感じでは思いますかね。

「いやいや、冷静になれよ」って。

 

前川:なるほどですね。

 

森田:全然、マウンドの後ろにあの火、何やろう。消火栓あるやんか。

ホースつないだらいいだけやん。

 

前川:ほんまそれはあるっすよね。

だから僕、いつもこうやってしゃべってるじゃないですか。
そん時に、いつもここから見てる自分がいるんですよ。

 

森田:ああ。

 

前川:ただ僕根暗やから、それができるんだと思うんですよね。

これが……。

 

森田:根暗ほどできるんですね。

 

前川:多分、根暗ほど離れて見れると思うんですよ。

 

森田:うーん。

 

前川:でも、これが女性入った瞬間に、ここがこうなっちゃうんですよ(笑)。

 

森田:(笑)。

 

前川:だから、女性苦手なんです。

 

森田:なるほど、なるほど。

 

前川:面白い。

 

森田:それは思うかもしれないですね、本当に。

しかも、ドローンから冷静に見てるって感じですかね。

 

前川:はいはい。

 

森田:要するに、ドローンから感情的な人も多分いると思うんですけど、何か、何やろうな。

だから、本当最高のボランチみたいな感じなんでしょうね。

 

前川:遠藤っすね。

 

森田:はい、遠藤っすね。

 

前川:ヤットさんですわ。

 

森田:はい。

 

前川:そうっすね。

 

森田:どんだけピンチを迎えても冷静におれみたいな。

 

前川:結構、僕、言葉悪く、きつく言ったりとかしてますが、別に怒ってるわけじゃなくて、全部考えてやってるんで。

だから、感情的にあんまならないっちゃならないかもしれないですね。

 

森田:うーん、うんうん。それは何か感じますね。

それが冷たさと感じる人もいるとは思うんですよ。

 

前川:そうっすね。

 

森田:別にそれは言い出したら切りないんで。

 

前川:それ、昔めっちゃ言われましたよ。

 

森田:ああ、そうですね。

 

前川:昔の僕知ってる塾生は、「今、優しなった」って言ってくれますもん。

 

森田:ああ。そん時の僕、前川先生ばっかり見てるんだったらそういうのもあるかもしれないですね。

 

前川:そうですね。そうやと思うわ。

人って変わるんですね。

 

森田:人って変わるって、こんな体温ある人なんやみたいな。

 

前川:そんな感じで、ちょっと何の話で、テーマでしたか分かんないですけども。

 

森田:何かYouTubeのことでしたね。

 

前川:そうですよね。

 

森田:はい。

 

前川:じゃあ、次ちょっと治療院のことやりましょうか?

 

森田:分かりました。

 

前川:ね。

 

森田:はい。

 

前川:じゃあ、いったん終わりましょうか?

 

森田:ありがとうございました。

 

前川:ありがとうございました。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ランキング

  1. 1

    前川雅治の想い

  2. 2

    今から1年で1200万稼ぐ仕組み公開

  3. 3

    月商60万の治療家が年商3000万に到達か!?その変化の源とは?

  4. 4

    前川が失敗とどう向き合ってるのか?

  5. 5

    口コミの低評価は載せない方が良い?

TOP