既存客から今すぐ売上を最大化する秘策

リピート対策

森田:そしたら、今回はですね「既存客から今すぐ売上を最大化する秘訣」っていうことで、「新規集客になかなかコストがかけれないんですよ。でも今、既存はある程度は多かれ少なかれ」っていう、じゃあどうやって売上を作るのかって、めっちゃ気になると思うんですよ。

 

前川:めっちゃ面白いネタですね。

 

森田:めっちゃ面白いと思います。それがじゃあどうやっていくのかっていうところで、お伝えしていきます。

 

 

 

今いるお客さんをコンサルティングする

森田:では、ズバリまず結論としては何なんですかね?

 

前川:オッケー。結論はですね「今いてる患者さん、お客さんをコンサルティングする」です。

 

森田:ほー、ちょっとそれ意味が分かんないですね。

 

前川:分かんないですね。

 

森田:なるほど分かりました。ちょっと、じゃあそれを細かくひも解いて。

 

前川:細かく、事例を通してやっていったらいいかなと思うんですけど、単価が2,000円とか3,000円だった人が、今 3万とかなってるんですよ。

すごくないですか? これ。

 

森田:すごいですね。

 

前川:じゃあ、どんな手段を使ってそうなったのかっていうのを事細かに、今日は公開していこうかなと思います。

その人もね、集客全くできなかったんですよ。
で、患者さんもそんな多くなかったんですけども、売上も20万とかそんなんだったんですけど、広告打てないじゃないですか。

 

森田:はい、打てないです。

 

前川:やっぱり、そういった人の特徴として、自分が何を提供したらいいのかも分かんないし、何を求められてるかも分からないんですよね。

 

森田:なるほど。

 

前川:だから結局、値段上げることもできないし、言うたら動き方が分からなくなっちゃうわけですよ。
だから僕がさせたのは、今言った「コンサルティングをしろ」ってことなんですけども、ほんま簡単。

今、僕と森田さん、こうやってしゃべってるじゃないですか。
僕、治療家、患者さんとするでしょ? これをやるんですよ。

お菓子並べて飲み物出して、「森田さん。今日は森田さんが何を求められて、うちに来てくれてるのか、うちのいいと思ってる部分はどこなのかっていうのを、ちょっとお話させてもらいたいんですけども、よろしいですか?」。

 

森田:僕、既存客ですよね。

 

前川:そうです、そうです。

で「じゃあ、ぜひ」みたいな。で、でっかい画用紙とか持ってきてね、書くんですよ。
「うちに来てる理由は? どうなりたいんですか? なぜそうなりたいんですか?」みたいなのをブワーッて書いていくんですよ。

で、最初向こうは「何してんのかな?」みたいな感じで答えてくれるんですね。
まあ「いや、きれいになれたらいいな」とか、「もっと動けるようになったらいいな」とか。
でも、こっちが真剣に聞いていくと、向こうはもう本当に思ったことがどんどん出てくるんですよ。

で、諦めてたこととかも出てきたりするんですね。
「もう、ほんま無理やと思うんやけど、こんなんなれたら最高にいいと思ってんねん」とか、相手の全部を抜き出してくるんですよ。

で、抜き出したうえで「じゃあ、あなただけのメニューを作りますね」って言って、メニューを作ってくんですよ。
で、「これでこれでこういうのが必要で、こうこうこうで。こうのやったらこうなるんですけど、どうですか?」「あ、それもいいわね」みたいなので作ってって、「全部できました。トータルこの値段なんですけど、どうしますか?」っていう提案をしていくんですね。

 

森田:なるほど。ライザップのめちゃめちゃみっちりパーソナルみたいな、そういうイメージ。

 

前川:ああ、でもそんなんかな。それの個人で完全にやる。

 

森田:すごいカスタマイズされてる。

 

前川:そうです、そうです。その人によってメニューが違うんですよ。

っていうことをしていくと、単価って上げていけるんですよね。

 

森田:何か、できないものとかがあったらどうするんですか?

 

前川:できないものって、どういうことですか?

 

森田:例えば、僕という客が「ちょっと痩せたくて、運動とかちょっと苦手だから。でもファスティングがいいんじゃないですか」と、でもファスティングできないとか、そういう場合。

 

前川:なるほど。その中で「それ無理だったら、こういうのをしていきましょう。していきましょう」で、やったうえでそれ無理だったら「じゃあ無理ですね」じゃないですか。

 

森田:なるほど、なるほど。

 

 

オーダーメイドの施術をする

前川:その人に最善の提案を作っていくわけですよ。
「コンシェルジュ」って言ったらいいんかな?っていうのをしていくんですよね。

ほんなら相手はこうなりますよ。
「自分のこの問題に対して、自分に対してここまで向き合ってくれた人いないな」ってなるんで、ほかが見えなくなるんですよ。

この人に全部悩みを、どうなりたいかも打ち明けてるわけじゃないですか。
で、こっち側はそれを解決できる手段とかをめっちゃ本気で考えて、いっぱい提案してるわけですよ。
よほどのことがない限り、断らないですよ。

 

森田:これ、そんなんやってる人いるんですね?

 

前川:そうです、そうです、そうです。

でも、これ言ってもみんなやんないですよ。

 

森田:確かにやらなさそう。

 

前川:めんどくさいし、「そんなんやって嫌われたらどうしよう」とか、「そんなのやっても意味ない」とか思ってるんですけども、絶対にあります。

これね、なぜかっていうと他業種でやってるんですよ。

 

森田:へえ、そうなんですね。

 

前川:バイクとか、自転車。自分でカスタマイズできるやつって、めちゃくちゃ高いんですよ。

「このハンドルこれにしたいわ」とか、ハンドルめっちゃ高いし、サドルもめっちゃ高いし、あるでしょ?枠組み。
自分で好きなようにするやつ、めっちゃ高いんですよ、あれ。

 

森田:オーダーメイド。

 

前川:オーダーメイドみたいな、めちゃくちゃ高いんですよ。
ママチャリなんか、その辺で10万もせんと売ってんのに、そういうの100万ぐらいするらしいですよ。

 

森田:確かに。うわー、えぐ。

 

前川:えぐいでしょ? それをやるんですよ。施術でも。

 

森田:ああ、なるほど。

 

前川:めちゃめちゃシンプル。

 

森田:各それぞれパーツが、例えば「痛み」のパーツ、「痩せたい」というパーツ、何のパーツっていうふうに、もう全部で1個の自転車を作るみたいな。

 

前川:そう、そう、そう、そうです。「あなただけの自転車作りますよ」って感じですね。

 

森田:何かあれですよね。そんだけ単価が増えるってことは、例えばさっきの話で「ファスティングできません」ってなっても、何かできるやつにやってもらってもいいですもんね。

「ファスティング担当、じゃあこいつがやってます」みたいなぐらいの感じというか。

 

前川:全然、全然いいです。だから、その人がそうなれるためのものを作っていくなので、それがでも「どうしても無理」って言ったら、「私はもうこんだけ食べたいの。こんな動きたくないの」「それ無理ですよね?」って感じになるわけで。

 

森田:なるほど、なるほど。

 

前川:ってやってったら、単価が上がっても全然いいですよ。

 

森田:そういうふうにやってる人いるんですか?

 

前川:そうなんですよ。

 

森田:治療家さんでもいるんですか?

 

前川:それは、整体とエステを混ぜてます。

 

森田:あーなるほど、なるほど。そういうのいいですよね。そっかそっか。
相手の求めてる、ヒアリングして、そこから商品が生まれていくってことですよね。

 

前川:そうです、そうです。

 

森田:「俺はこの商品しか持ってないから、それを売りつけるために協力する」ってわけじゃないんですね。

 

前川:じゃないんですよ。

 

森田:しっかり聞き込んで、形にして。

 

 

コストをかけられないならやるしかない

前川:これ、めちゃめちゃすごいです。普通のことやけど、普通のこと言ってるだけですけど、めっちゃすごいですよ、これ。

 

森田:これって、何か「めんどくさ」とは思いますけど、多分、それでどうせやらない方も多いと思うんですけど、新規にコストかけれないんだからやるしかないし、新規にコストをかけれるんでも、お話し聞いてもうそこで信頼関係ができてて、そこからお話し聞いて売るってことは、コストかからなくて済みますよね。

 

前川:そうです、そうです。そこ、めちゃめちゃすごくて、この前は月に15万広告費をかけたんですね。
15万かけて15人来てるんですよ。
まあ1人1万円そこそこかけて来てるんですけど、お金かけるようになったんでね。

でも、それで来るじゃないですか。

その人、そうやってメニューを作って、大体、回数券にするんですって。
だから、少なくても10万円以上、絶対売上が上がるんですって、1人当たり平均したら。
すごくないですか? 1人集めたら、もう9万利益ですよ。やばくないですか?

 

森田:なるほど。

 

前川:それがもう何ヶ月か連続で、20人前後来てるんですよ。

で今、予約パンパンで取れないです。

 

森田:コストかけなくって済みますもんね。

 

前川:そう。コストかけなくてやってきた人が、コストかけて集めだしたら、もう負けることないじゃないですか。

 

森田:負けないですね。

 

前川:もう今はあれですよ。予約待ち制度にしていってるって言ってますもん。
「何人待ちです」みたいな。

 

森田:そんなことしてるんですか。

 

前川:そう。

 

森田:多分、例えば「回数券で人が離れる、だからまた新規取るしかない」みたいな感じで、ずっとぐるぐるぐるぐる回ってるかもしれないですけど、留めるためにはいりますし、もちろん単価を上げるためにはもってこいっていう感じですよね。

 

前川:そう。だから、終わりがないんですよね。

 

森田:まあ絶対やらなさそうかなって。

 

前川:で定期的に、半年とか1年とかに「この前、初めて会った時とか半年前、こうやって言ってましたよ。これ、めっちゃ良くなってきてますよね」っていう話をまたするんですよ。

もう「何か出てきてません?」「私こう、こう、こうで」みたいな。

それをやって、またやるんですよ。終わりないじゃないですか。

 

森田:絶対、やらなさそう。

 

前川:絶対やらないです。こういう何かアナログ的なことやらないですけど、こういうアナログ的なことやったら、めっちゃ強いし。

 

森田:強いですよね。

 

前川:これ見てる人、ほんま怖くて、この人全くネット系できないんですよ。

これもアドバイスなんですけど、これをInstagram上で、みんなに拡散してもらうんですよ、お客さんに。
お客さんに拡散してもらったら、めっちゃ拡散力あるじゃないですか。

で、そこがまた有名になるんですよね。
これ、めっちゃやばいことになると思いますよ。

 

森田:地域ナンバー1に、めちゃめちゃ近づいてますもんね。

 

前川:もう全然近づくと思います。多分、全国的にも有名になってくると思うから、今度それをノウハウとして売れるじゃないですか。

その人、また別事業を立ち上げてうまくいってっていう、いい連鎖に入っていけるんで。

 

森田:えぐ。

 

前川:めっちゃすごくなると思います。

 

森田:なるほど、そういうことですね。了解しました。

で、今回はですね、なかなかコストがかけれないっていうところに、どうしていけばいいのかって、「なかなかちょっと、そんなところに時間とってられへんねん」っていう人もいると思うんですけど、これはもう時間を作ってでも絶対やった方がいいし。

 

前川:やるべきですね。やるべき。

 

森田:商品だけでも誰かに「ちょっと手伝って」ってやってもらったらいい話なんで、「PDF も作成して」とかでいいと思います。

はい。ということで、こうやってちょっとまあ何かやってみてください。
やった人はもう、前川先生のLINEやったり、とりあえず連絡入れてほしいです。

 

前川:ほんまですね。

まあ、1人治療院なら絶対これですよ。1人だから向き合えるんで。

 

森田:はい、分かりました。

ということで、今回は「既存客からの売上」でした。

以上になります。ありがとうございます。

 

前川:ありがとうございます。

 

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ランキング

  1. 1

    前川雅治の想い

  2. 2

    【格言】なぜ勉強熱心ほど100万いかないのか

  3. 3

    今から1年で1200万稼ぐ仕組み公開

  4. 4

    鍼灸師でも稼げる!集客導線を完成させて集客をコントロールせよ!

  5. 5

    最大のリスクは行動に移さないこと

TOP