効果のある症状別ページの増やし方

新規集客

森田:今回は、「効果がある症状別ページの増やし方」っていうことで、例えば、今「腰痛」っていう1個のページ持ってますよと。

そこから、じゃあ2枚目、3枚目って作るときに、どんな症状を増やしていく方がいいのかなっていうとこですね。

 

前川:オッケー、オッケーです、いいですね。

 

森田:「そんなことしとったらあかんぞ」っていうところも含めてやっていければと思いますんで、お願いします。

 

前川:オッケー、オッケーです。

 

 

まず、どの症状が当たるかを試す

森田:そしたら早速なんですけども、どうやって増やしていくのがいいですか?

 

前川:まず、悪いパターンからいきましょうか。

悪いパターンは「腰痛出してます」と。
「座骨神経痛出します。すべり症出します。ヘルニア出します」みたいな。

 

森田:えっ? 僕それでしたよ。

 

前川:何で腰痛から派生させていくねんって僕は思うんですよ。

これ当たればいいんですよ。
当たらなかったとき、もう終わりですからね。

 

森田:なるほど。腰縛りやから。

 

前川:腰縛りやから。

 

森田:でも腰で当たらんと、「腰も肩もページを出してて、腰全然で、肩ばっかり当たるんですよ」っていう人っているんですか?

 

前川:あるっすよ。あるっすよ。

 

森田:そうなんっすね。
もう腰・イコール・鉄板みたいな。

 

前川:それはもう何年前の話ですか?

 

森田:すみませんでした。

 

前川:森田さんの時の時代はそうでしょう。

 

森田:5~6年前の話ね。

 

前川:5~6年前でしょう?

 

森田:はい。

 

前川:もうiPhone何ぼになってるんですか?
iPhone3ぐらいじゃないですか? 5~6年前は。

 

森田:なるほど。

 

前川:だから、「腰痛」「膝痛」「頭痛」とか、まずどの症状が当たるかを試すのが、僕はもう安全、僕やっぱりリスクあんまり背負いたくないんで、それでやって。

 

森田:仮想通貨ぶち込みまくってんのに(笑)?

 

前川:そう(笑)。赤くなってね。全然、矛盾してるよみたいな。

そこはいいんですよ。

やって、それぞれに3万ずつかけて、「どれが新規集まるのか?」でもいいし、「一番費用対効果いいのか?」でもいいし、それを見るのが一番いいと思うんですよね。

っていう方法もあるし、症状縛りじゃなくてもいいと思うんですよ。

例えば、「どこに行っても治らない」とか、「整骨院、病院でダメだった人」とか、「10年常以上痛んでる人」とか、そういった状況で縛るのもいいと思うんですけど。

 

森田:状況。

 

前川:状況縛りとかもいいと思うんですけど、いろんなパターンを試すのが僕はいいと思うんですね。

みんな同じようなものを試してるんですよ。

 

森田:なるほど。

 

前川:面白い表現思い浮かばなかったから、今沈黙しましたけど。

 

森田:僕も。

 

前川:そんな感じで、僕は試すのが堅いなと思ってますよ。

 

森田:腰、座骨神経痛、狭窄(きょうさく)症みたいな感じで増やす方が一般的かと勝手に思ってました。

 

前川:それは多分5年前の戦略っすわ。

 

 

どこまで増やすべき?

森田:それ、どこまで細かくするかっていうところを、じゃあちょっと聞いていきたいなと思うんですけど。

例えば腰痛だと、普通やったら肩こり、頭痛っていう方でいいんちゃうっていうときに、例えば今やったら、肩と頭出たじゃないですか。2出たじゃないですか。
そっからプラス、例えば股関節だったりとか、何か五十肩もあるから、例えば四十肩もついでに一緒に出しとこうかみたいな。

何が言いたいかっていったら、「一発でどう増やす?」みたいな、「どこまで増やす?」みたいな感じですよね。

今、腰しか持ってないんですよね?

 

前川:はいはい。

やっぱ3つぐらいがいいと思うんですよ。
なぜかというと、テストでけへんから。

予算ぶち込めるんやったらいいですよ。
大体ぶち込めて、無理して10万とかじゃないですか? 最初って。
だから、3万、3万、3万とかで、僕いいと思うんですよ。

 

森田:なるほど。で、別に当たったもの、当たってるってことは売上になってるから。

 

前川:そうです、そうです。

どれが強いか皆、「腰」「膝」「頭」、3、3、3
「腰」「膝」「頭」、3、3、3かけて、ここが20万、25万、5万。

こいつ弱いな、もう1回やってみよう。
同じような数字になる。じゃあこれアウトやな。

 

森田:そっか、そんときに、股関節が次、出てくればいいんですか?

 

前川:そう。出てきてもいいし、どっちが強いんかな? で、3、3、3だったのが、5、5にして、より差が出るように勝負してみたらいいじゃないですか。

それでずば抜けてこっちがいいんやったら、もうこれに特化してやって、ほんで腰痛、座骨神経痛、ヘルニアと分けたら、もう強いじゃないですか。

 

森田:確かに。そっちの方が安パイ感がありますよね。

 

前川:安パイ感あります。

これで膝がもし勝ったら、膝そのままで、「病院行っても治らない膝」とか何か。

 

森田:状況ですね。

 

前川:そう。「変形性膝関節症と言われた人」とかで出して、またやっても全然いいでしょうし。
そういうふうに枝分かれしていったら、全然堅いじゃないですか。

 

森田:はい。僕、腰だけで増やして。

 

前川:僕も腰だけでやってましたけど、あれは僕らの時代だからいけた部分があると思いますよ。

 

森田:そっか、オッケーです。

 

 

「部位縛り」「状況縛り」「状態縛り」「場面縛り」

森田:あと、「部位縛り」「状況縛り」、何かあとあったりしますか?

 

前川:「部位縛り」「状況縛り」、ちょっと似てますけども「状態縛り」。

 

森田:状態?

 

前川:はい。「縛り」「縛り」「縛り」って面白いね。

 

森田:縛りやばいっすね。

 

前川:状態縛りですね。

 

森田:「3年以上痛い」とかそういうこと?

 

前川:そんなんでもいいと思うし、「朝起き上がるときにつらい」とか、「動き出しがどうのこうの」とか、「じっとしてるとしびれてくる」とか。

 

森田:そのケースというか、場面ですね。

 

前川:場面縛りでも全然いいと思いますね。

 

森田:場面縛り?

 

前川:場面縛り。

 

森田:状況縛り。「縛り」という言葉ばっかり出てくるっていう感じですね。

 

前川:お下品です、何か。

 

森田:了解です。

 

前川:っていうふうなやつでしていけたら、全然いいですよね。

やりようっていっぱいあるんですけど、みんな何か腰痛専門。
見てて、腰痛専門に当たってるところがめちゃめちゃ多いイメージがあるから。

 

森田:あれ、どうなんですか? 腰痛専門っていう今のこの……。

 

前川:当たるとこは当たりますね。

 

森田:でも、そんなお勧めしないんですか?

 

前川:ううん。

 

森田:今、例えば僕が「教えてくださいよ。コンサルしてくださいよ」ってなって、「腰痛専門で行こうと思ってるんですよ」って言ったとしたら、何て?

 

前川:言ったとしたら、まず地域で調べます。

その地域でブワッと調べて、出てきたやつ見て、「あっ、勝てるから腰痛でいきましょう」っていくし、「腰痛強いとこあるな。違うのでいきましょうか」だったりとか。

結構さっき言ったみたいに、「腰痛」ってみんないってるから、「じゃあ椎間板ヘルニアでいきます?」とか、「腰の痛みとしびれとかにします?」とか、ちょっと角度変えたりとか。

 

森田:なるほど。あくまでやっぱ部位で縛るというか、例えば「膝痛専門です」とか「肩痛専門です」とかっていうふうなのが、やっぱりお勧めはお勧めっていう。

 

前川:お勧めはお勧めですね。
やっぱ分かりやすいじゃないですか。

 

森田:その中で、例えば、じゃあ肩こり専門にしましょうか。
そっから、部位としては、症状別ページを増やすってなったら、もう肩系しか無理なんじゃないんですか?

 

前川:肩こりで当たってたらですか?

 

森田:肩こり専門整体をやってて。

 

前川:専門って言って。

 

森田:肩こりのページを1枚持ってて。

 

前川:1枚持ってると。

 

森田:そっから症状増やすってなったら、肩の類いしかダメなんじゃないんですか?

 

前川:それは肩が当たってるんですか? 当たってないんですか?

 

森田:当たってる。

 

前川:当たってる。

 

森田:はい。

 

前川:ほんなら、肩こりやってて当たったら、肩こりでやってたらいいと思うし、「肩こりからくる頭痛」とか、「肩こりからくるめまい」とか。

 

森田:なるほど、そっか、そっか。別にそれでいいんですね。

 

前川:はい。

 

森田:なんか「肩こり専門整体」って、例えば看板に書いてんのに「腰痛扱ってるぞ」みたいな、そういうのが何か違和感になったりしないのかなっていうふうに。

 

前川:どうなんですかね?

看板ちゃんと作ってる人は見てもらえるやろうけど、適当な看板って見られてないですよね。

 

森田:確かに。何かそれぞれのページで専門って言ってる人いますよね?

 

前川:います、います。

 

森田:腰痛ページでは腰痛専門、膝痛ページでは膝痛専門みたいな感じで、1対1の一人治療院やったら全然問題ないかなっていう感じでね。

 

前川:全然いいと思いますけどね、僕は。

 

森田:それは「全然いいんちゃう?」っていう。

 

前川:僕はいいんちゃう系ですね。

 

 

 

いいテストをしよう

森田:なるほど、分かりました。

ちょっといろいろお話ししましたけども、いったんちょっとまとめてみると、「症状別ページをどう増やすか?」っていうのは、腰から派生させるっていうよりは、まず部位ごとに見て、部位で競わせて、それでもやっぱ腰強いな、膝強いなってなったら、そっから表現を変えたりとか、何縛りでしたっけ?

 

前川:状況。

 

森田:状況縛り。

 

前川:状態。

 

森田:状態縛り。

 

前川:部位縛りとかですね。

 

森田:部位縛りとかいろいろ出ましたよね。

 

前川:そうしていかないと、分かんないじゃないですか。

だって、あれですよ。EXILEの人バアッて並べて、どれが当たるかってやって、みんな同じ系統じゃないですか。

 

森田:みんな一緒っす、あれ。

 

前川:EXILE、ジャニーズ、何々みたいになったら、「どの系統がうけるんや」とか分かるじゃないですか。
韓流スターとか。

 

森田:そっか、そっか。

 

前川:「ああいう韓流スター当たるんや」って。

韓流スターの中でもBIGBANG、東方神起、ペ・ヨンジュンみたいな。

 

森田:ペ・ヨンジュン。ペ・ヨンジュンは歌手枠じゃないな、これ。

 

前川:分かるわけでしょう?

 

森田:はいはい。

 

前川:そうやってやった方が絶対いいじゃないですか。

 

森田:確かに。

 

前川:今のめっちゃ分かりやすいと思うわ。

 

森田:そっちの方が表現いいですね。

確かにそっちの方が何かテストして、いいテストになる。

 

前川:いいテストになる感じするね。

 

森田:ね。そんなイメージはつきました。分かりました。

ということで、今回「症状別ページの増やし方」ですね。
「部位だけじゃないよ」っていうところからやりましょう。

 

前川:そうだよ。オッケー。

 

森田:以上になります。ありがとうございました。

 

前川:ありがとうございました。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ランキング

  1. 1

    前川雅治の想い

  2. 2

    【格言】なぜ勉強熱心ほど100万いかないのか

  3. 3

    今から1年で1200万稼ぐ仕組み公開

  4. 4

    鍼灸師でも稼げる!集客導線を完成させて集客をコントロールせよ!

  5. 5

    最大のリスクは行動に移さないこと

TOP