ぶっちゃけ!なぜ前川メソッド生は成果あげてる人が多いのか?

マインドセット

森田:それでは、今回は「何でそんなに塾生さんの成果があるの?」っていうところをちょっと疑いの目で聞いていきたいなと。

 

前川:なるほど。どういう疑いがあるの、それはどういう疑いが。

 

森田:YouTubeチャンネルを見ていると、いろんな先生方のZoomでのインタビュー動画というのが出てくると思うんですけど、これ何でこんなに多いんやっていうところが純粋に疑問なのと、「ホンマに成果のある人だけしかピックアップせず」みたいな、何かそういうところがあるんかなという。

 

前川:なるほどですね。そりゃ成果出してる人しか出さないですよね。

 

森田:それはもちろんそうですよね。それにしても多いなと思うんですよ。
成果を出されてる方のインタビュー動画が。

だから、「何でそうなってるの?」っていうところが、外の人間からするとなかなか分からない分、そういうところを聞いていきたいなっていうところですね。

 

 

普通の事をやっている

前川:なるほどですね。きっと見てくれてる方もそんな疑問ってある思うんですよね。
ホンマなのかな、うそなのかなとか。

きっと見てもらってると思うんですけど、僕からしたらなぜ僕の実績が多いと思うのかどうかが疑問なんですよね。
普通のことやってるよ、みたいな感じなんですよ、自分からしたら。
それは、やることってこれじゃないですか。

僕の塾来てやることって何なのかっていうと、「集客ちゃんとしましょうね。人ちゃんと集めるようにしましょうね」「集めた人をちゃんとリピートさせましょうね」「予約パンパンになるんやったら値上げしましょうね」、以上!じゃないですか。

 

森田:はい。

 

前川:「これちゃんとやったら売上上がるじゃん」みたいな。

 

森田:でも、これ入られてる方の中で、ほかの先生から教えてもらったりとか、どっかのコンサル入ったことあったりとかっていうふうな方も多いと思うんですけど、そこでも絶対教えられてるはずやと思うんですよ。
集客、リピート、値上げは。

その時に無理やったのに、前川先生のところに来てから成果が出るっていうのはなんでか、これが分からない。

 

前川:なるほどですね。

 

森田:絶対どこかで同じことは、ほぼほぼ教えられてるんちゃうんかと。

 

前川:なるほど、ほかとの違いですね。

 

森田:はい。

 

 

ほかとの違いとは?

前川:じゃあ、僕が思うほかとの違い、書いていこうかな。

今日は久々にホワイトボード使ってるから字を書きたくて。

 

森田:久々の板書。

 

前川:僕は思うことがあって、まず、ほかとの違いは書かなくていいか、ここから書いていこうか。
じゃあ、まず集客面で何が違うのかだと思うんですよ。僕は、これは決定的な違いがあると思うんですよ。

これが絶対大きいです。SNS

SNSを教えてる治療業界の塾ってあります?

 

森田:やっぱり集客って言われたら、チラシと……。

 

前川:ホームページじゃないですか。

 

森田:ホームページというイメージしかないですね。

 

前川:みんなそればっかりやってますよね。だからじゃないですか?

 

森田:それ、何か、今思ったんですけど、普通の「よし、初めて100万円いったぞ!」っていう方って、そういう方もSNS活用されてるんですか?

 

前川:うん。バシッてやるんじゃないですよ。
バシッてやるのはチラシとホームページですけども、何でもそうなんですけど、勝負っていうのは見えないところで決まってるんですよ。

見えるところじゃないんですよ。
見えないところで決まってるんで、SNSってどっちかというと見えない部分なんですよね。

 

森田:確かに。

 

前川:ここをじわじわやってて、チラシとホームページをやるから結果が出るんですよね。
で、じわじわじわじわやってるのが、だんだんだんだん勢力を増してくるんですよ。

そうしたら、安定していくんですよね。
っていうことをやってるから、集客ができるようになるから、これだけ売上が上がるじゃないですか。

で、次リピート。リピートって、僕思うんですよ、みんな今問診の講座とかが増えてきてるのかなと思うんですけども、「トーク関係あるか?」と思うんですよ。

 

森田:おお、どういうことですか?

 

前川:トークスクリプトとか、「こういったことを言いなさい」「こういう順番で言いなさい」とか、もちろんあるけども、もっとそれより大事なものあるやろって思ってますね。

 

森田:お、何ですか?

 

前川:これ面白いですか?

 

森田:めちゃめちゃ面白いです。

 

前川:結局、これ僕いつも言うんだけども、人と人じゃないですか。

だから、「また会いたい」とか「すぐ会いたい」とか思われる自分になれば、リピートは取れるんですよ。

 

森田:なるほど。言うなれば男女関係でも同じですよね。

 

前川:同じですよね。全部同じじゃないですか。
そこを何で「うまく言えば」とか思ってるのかなって思うんですよ。

 

森田:確かに。今晩ワンチャンできるトークスクリプトとか絶対ありそうですもんね。

 

前川:ありそうですよね。引っ掛かるじゃないですか。
「そんなの無理に決まってるやろ。おまえみたいなやつ無理や」みたいなのあるじゃないですか。

だから、ここの部分の人として当たり前な部分を僕は言うだけなんですよね。
じゃあ、これできるじゃないですか。

あとは、これは値上げっていうのも簡単で、やり方、今動画見てる人も気になると思うんですけど、本当に、極端に言うと値段表書き換えたら値上げできるじゃないですか。

でも、できないんですよ。

 

森田:確かに、よく聞きます。

 

 

言い訳をつぶしてくれる環境がある

前川:なんで僕の塾生ができるのかって、これは正直歴史が関係すると思うんですよ。

 

森田:歴史?

 

前川:環境だと思うんですね。もう、値上げして売上上げてる先生が多いから、そんな人と話ししてたら「そんなものや」と思ってくるじゃないですか。

究極全部そうなんですけど。

 

森田:確かに、こうやって動画を見ていって、「前川先生に値上げは料金表を変えたら終わりや」って言われても、「それができひんのや」ってやっぱり思っちゃうわけじゃないですか。

 

前川:「それを教えろよ」って思ってるじゃないですか。
だから、環境なんて言ったら全部おしまいですけども、これなんですね。
これが全部ここに影響してるんですよ。

だって、前の動画を見てる人も、僕は「こうこうこうやったらいいんだよ」って言っても「それができひんねんな。そんなうまいこといくんやったら苦労せえへんわ」とか思って聞いてると思うんですよ。
塾に入った人も絶対思ってますよ。僕からリアルに聞いても。

でも、僕が言ったことを証明してる人たちが周りにたくさんいるんですよ。
これがめっちゃ大事なんですよ。

言った、「でもおまえだからできるんでしょ。俺の場合は違うわ」ってみんな絶対言い訳をしてくるんですよ。
でも、その言い訳をつぶしてくれる環境があるんですよね。

 

森田:確かに。そうか、塾に入っても前川先生に「こうやで」って言われて、同じように「それが……」っていうのが、例えば懇親会で同じ塾生さんから、「こうなりましたよ。前川先生言ってたじゃないですか」っていったら「え? そうなん?」ってなりますもんね。

 

前川:そんな人何人もいてるから、「あっ、そうなんや」ってなってくるんですよね。
それをやっていくと、これはめっちゃ感じれるんですよ。

これ、ほかの講座聞いて僕の講座聞いた人が一番驚くことここですね。
「ほかの先生が、こんなにつきっきりで教えてくれることない」ってみんな言うんですよ。
でも、僕はそれが普通なんですよね。

でも、普通が普通じゃないみたいなんですよね。

僕も懇親会でテーブルぐるぐる回って飲み食いするし、場所によっては結果出してる人とか、講師ととかはなかなかしゃべれない、上のコースの人とはしゃべれないとか、いろいろあるみたいですけど、僕はそんなの気にしないので。

 

森田:確かに。入ったところの塾には。

 

前川:あるじゃないですか、スタイルが。

 

森田:その先生がいないみたいな、そんなんありますね。

 

前川:そうそうそう。だから成果上げてる人ほど、いろんな人に困ったらアドバイスとかしてくれたりするので、それを体験すると、「みんな優しいな。この人いいな」とか感じるじゃないですか。

「こんな人になりたいな。こんな人間性いいな」とかめっちゃ感じると思うんですよ。

それを浴びたらだんだん自分も意識してくるんで、それが結局患者さんから「また会いたい、すぐ会いたい」と思われるようになったりしていくわけじゃないですか。

だから、いい連鎖を起こしてるから、僕の塾は成果が高まりやすいのかなって僕は思いますけどね。

 

 

まず求めるべきは行動の質ではなくて、行動の量

森田:何かそのうえで、「言ってることは分かる。めちゃくちゃ分かった。それでも、俺は目の前の売上を上げるためのテクニックだったりノウハウがほしいんや」っていう方がいるとしたら、そういった方にはどう答えますか?

 

前川:もうあきらめたらいいんちゃうかなっていうのが本音ですけども、やればいいと思うんですよね。

考えずにやればいいと思うんですよ。
100万円なんて、考えずにやればいくと思うんですよ。

 

森田:行動量というか。

 

前川:そうそうそう。結局のところ行動。
行動の、みんなやらないかんのは分かってるんですよね。
動画見てる人は行動をしなあかんのは絶対分かってますよ。

うまくいかない人はこれなんですね。こっちを求めてるんですよ。

 

森田:なるほど。

 

前川:行動の質を求めてますね。うまくいかない人って。

違うんですよ、量なんですよ、まず求めるのは。

 

森田:なるほど。極端な話、クオリティは5割ぐらいでもいいかなと。

 

前川:全然いいです。「まず思い立ったことやれよ」みたいな感じですね。
これをやってたら、だんだんこうなってくるんで。これですよ。

だから、今そうやって「何したらいいんだ」みたいな話あったと思うんですけど、「知ってるやん」って話なんですよ、僕からしたら。
チラシまくのも知ってるでしょ、聞いたことあるでしょ、ポスティング聞いたことあるでしょ、ホームページ作ったらいいのも聞いたことあるでしょ。

「どうやって作ったらいいか分からへん」
「いや、俺の動画見たらいっぱい言ってるよ。分かってるやん!何でやってないの?」

最初からバッチリしようと質を求めてるからじゃないですか。

 

森田:確かに。

 

前川:だから、変わらないんですよね。だから、無理やりやる環境に自分の身を置かないと、何も変わらないわけですよ。

だから、時間を大事にしないといけなくて、きっとこの動画を見てる人でも、僕の講座に来てる人でも「5年前から先生の動画見てたんですよ」みたいな人がいてて、入塾して初月で100万円超えたりとかしてるんですね。

 

森田:ええ。

 

前川:5年前に来てたら、5年前から100万円超えてるんやぞ、みたいな。
プラス100万円になったとして、5年間で何ぼ? 1,200万円の5年で、6,000万円です。
6,000万円をドブに捨ててるかもしれないですよ。

100万円払うのをちゅうちょしてて、失ってるのは6,000万円なんですよ。
バカらしいじゃないですか。

そういった考え方を持っておかないと、時間を無駄にしてたら本当にね、僕もあっという間に40歳ですからね、もう。

 

森田:スポーツでもそうですもんね。最初からこのスポーツ習い始めたって時に、質なんかよりとりあえず小さいころはやってたはずですよね。

 

前川:そう、やってたはずですよ。絶対できるんですよ。

 

森田:フォームなんか気にせず。

 

 

達成できない人は何でなのか?

前川:そう。いい話ばっかりしたらうそくさくなると思うんで、じゃあ、「なんでおまえのそうやっていい環境で、成果出ないやつもおんねん」って話じゃないですか。

 

森田:はいはい。

 

前川:この動画でもオープニングで「75%100万円達成」みたいな映像が流れてると思うんですよ。
ということは、25%、30%ぐらいが達成できてないわけじゃないですか。

じゃあ、達成できない人が何でなのかっていうのもちゃんとあるわけですよ。

これは僕の中であるんですね。

まずこれ1つ目、値段。数字を言わない。

自分を隠すことですね。自分の状況を隠していくっていう感じですね。
だから、これはアドバイスしようがないんですよ、状況分からないから。

もう1個、質問がない。それは変わらないでしょ。

「YouTubeの動画見てるのと一緒じゃん」みたいな。

 

森田:確かに。前川先生に健康診断してもらえばええじゃないですか。

数字を言ったり、質問したり、それなら、「こうなんですか?」って質問したら、前川先生からしたら「ああ、そういうところで悩んでるんだね」っていうのが質問の数で考え方も変わってくるので。

 

前川:そうです。変わってくるんで。病院の待合室でずっと待ってるみたいな感じですよ。

 

森田:それはえぐい。

 

前川:で、もう1個。来なくなる。以上でございます。

 

森田:なるほど。まさに動画見てるだけってことですよね。

 

前川:はい。「YouTube見といたらいいよ、こういう人は」みたいな。
お金払わなくていいよ、YouTube見といたらいいんじゃないっていう感じですね。

 

森田:こういう方は、どこに行っても同じになっちゃいますよね。

 

前川:同じだと思いますね。

 

森田:時間もお金も出したとて。

 

前川:そうですね。だから根本的な考え方を変えないといけないと僕は思いますね。

「それを変えるのがおまえの役割やろ」と言われたらそれまでですけども、僕はそんな人ができてないので。

 

森田:そこぐらいはないと。

 

前川:「そこぐらいはちゃんとして」みたいな感じで僕は思います。

なので、この動画見てくれてる人、本当に僕のチャンネルの名前の通り「仏のドS治療家」なので、めっちゃ聞いてくる人、言ってくれる人、聞いてくる人、ちゃんと来てくれる人には僕、仏だと思いますよ。

でも、これがない人には本当ドSだと思います。

 

森田:それはでも、誰でも一緒じゃないですか。

 

前川:ここを、僕寄り添う気は全くなくて、寄り添ってやって、俺がいなくなって、誰に助けてもらうの? みたいな話なんで。

 

森田:確かに、社員さんじゃないわけだから、自分でこれからも事業をやっていかないかんわけだから、それぐらいは必要ですよね。

 

前川:そう。「自分で決めてやってんやから、自分で動けよ」みたいな感じで僕は思ってます。

 

森田:分かりました。ということで、今回は何でそんな塾生さんに成果あるんよ、っていうところをひもといていただきました。

ありがとうございました。

 

前川:ありがとうございました。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ランキング

  1. 1

    【治療院経営】不満爆発!飲み会直後にコンサル生が裏側を暴露

  2. 2

    前川雅治の想い

  3. 3

    今から1年で1200万稼ぐ仕組み公開

  4. 4

    月商60万の治療家が年商3000万に到達か!?その変化の源とは?

  5. 5

    口コミの低評価は載せない方が良い?

TOP