治療技術だけでは経営が苦しくなる一方でした

未分類

(※下部に続きの動画があります)

 

東京の立川市で開業2年半を迎える佐々木先生。

現在は30分1万円という料金体系で活躍される31歳の先生。

 

でも順風満帆に経営できたわけではない・・・

 

必死いポスティングをして80万前後の売上を必死に保っていた。

自分がポスティングに行かないと売上が立たない。

 

現実問題、子供が2人いるので将来に対して不安しかない状況。

 

なんとか売上をあげたいと思い

Facebookで広告を出しているコンサルタントの先生に経営アドバイスを聞き

そこで言われた事が、「まずはチラシをまけ!」きたら「トークスクリプトを徹底しろ!」

というアドバイスを聞き実践。

 

売上は80万で限界、そして体力の限界を感じたわけです。

 

佐々木先生はたった3ヶ月で圧倒的な集客力を手に入れたのは当然として

凄いのは患者さんとの距離を一気に縮める問診力です。

 

あの有名な「背中揺らし」の技術はそのままで売上は200万を突破。

治療技術を活かすも殺すも問診力。

 

佐々木先生は治療をすることなく高額な回数券を患者さんから求められて販売をしています。

患者さんが治療を受ける前に購入するって不思議ではないですか?

その秘密を今回話ししてもらっています。

 

今すぐに実践できる内容になっているので先生のものにしてくださいね!

コメント

  1. 桐原輝好 より:

    私は、大阪府東大阪市で骨格矯正を20年行っています。桐原輝好76歳です。
    これまで自分の年齢ながらぼちぼち頑張って来ましたが、開業数年で結果がでていることにびっくり。
    動画を見れば疑う余地はなさそうですね。
    この歳で、動画とかフェスブックなどなかなか出来ないので関わったことがないのですが。

タイトルとURLをコピーしました