初月で140万!3ヶ月で200万!治療院経営の本当に使えるノウハウとは?

対談

 

前川:今日は対談を送っていきたいと思うんですけれど、先生、自己紹介をお願いしていいですか?

 

奥田:はい。名古屋で整体院をやっています。奥田と申します。よろしくお願いします。

 

前川:よろしくお願いします。奥田先生は今おいくつで、開業何年目ですか?

 

奥田:はい。今32歳で、2019年に開業したので、もうすぐで2年です。

 

前川:なるほどですね。

 

塾に参加する前とした後、どんな変化があった?

前川:では、早速いくつか質問していきたいと思うんですけども、12月から塾に参加していただいたと思うんですけども、参加する前と参加してからってどんな変化がありました?

 

奥田:そうですね。参加する前ですと、例えば売上なんですけども、売上が40万~60万ぐらい、大体それぐらいを行き来していて、メソッドに参加させていただいてからは、初月で140万超えて、こないだ、先月は200万までいきました。

 

 

前川:すごいですね。数字の変化はものすごい、40万からだと5倍ぐらいになっちゃったりしてるわけですけど、気持ちの変化ってどうですか?

売上低い時ってどんな感情で過ごされてましたか?

 

奥田:そうですね。本当に、何をやっていいか分からなかったので、ただただ、時間が過ぎていくのを。
何をやっていいのか分からなかったですね、とにかく。

 

前川:何かその当時は不安とかあったんですか?
売上上がらないことに対する不安とか、将来に対する不安とか。

 

奥田:そうですね。売上上がらないですし、もう本当にその日暮らしてくっていう感じだったので、本当に「何も盛り上がることなく自分の人生が終わっていくんだろうな」みたいな感じはありました。

 

前川:悲しすぎますね、それ。

 

奥田:悲しいです。

 

前川:今、実際売上そうやって上がってきて、200万とかいったら一人治療院の中ではすごいトップクラスに入ってくるかなと思うんですけど、気持ちの変化ってどうですか?

 

奥田:そうですね。気持ち的には、ちょっと自信が付きましたね。

今まで、本当に全然結果が出なかったので、本当にこんな自分でもいけるんだっていうので、自信が付きました。

 

前川:自信が付いたことによって、何かご自身の中で動きが変わったとか、捉え方が変わったとかあります?

 

奥田:そうですね。とにかく、どんどん行動するようになりました。
あとは、患者さんに対しても本当に自信を持って接せれるというか。

 

具体的に何をしたのか

前川:なるほどですね。売上上がったってことは、やってることもいろいろ変わったのかなと思うんですけど、具体的にどんな行動をされたんですか?

 

奥田:そうですね。最初は、本当に何をやっていいのか分からなかったんですけど、前川先生の教えで、チラシと、まずホームページを充実させて、どんどん行動していくということをやっていきました。

 

前川:チラシとホームページを充実させるって、みんなしないといけないっていうのは分かってるかと思うんですけど、奥田先生は何も分からない中でいきなりそれがなぜできたんですか?

 

奥田:それもメソッドの中にあるツールを使わせていただいて、すでに先輩方とかが結果を出されたようなチラシですとかがもうデータとしてあるので、それを参考にさせていただいて。

 

前川:なるほどですね。そういう広告って、今までしてこなかったわけで、それをするにあたって何か抵抗とかはなかったんですか?

 

奥田:抵抗はやっぱり、お金が発生するので、本当に1円も広告に使ってこなかったので。
1万円とかでもすごい抵抗がありましたね。

 

前川:でもその抵抗があった中、なぜそこ一歩踏み出すことができたんですか?

 

奥田:そうですね。でも1万円がなくても別に生活できないわけじゃないので、どんどんいこうということと、あとはもう前川先生が「どんどん行動しなさい」というのをとにかくおっしゃっていたんで、僕はそれを信じて、とにかく行動でしたね。

 

前川:なるほどですね。それで結果が出だして、奥田先生の中でもいろいろ修正とかを加えながらされてる部分があるかなと思うんですけど、奥田先生の中で広告を打つ時に意識してることってあります?

こういうふうにして広告をすることによって反応がよく取れてるとか。

 

奥田:そうですね。広告を出して患者さんが来てくれると思うんですけど、その時に来ていただいた患者さんの声っていうのを、そのまま広告に反映させたりとか、っていうのをすごく意識してます。

 

前川:例えばどんな感じで反映させるんですか?

 

奥田:そうですね。今ホームページとか、反応が出てたものが反応が減ってくる時とかあるんですけど、その時来ていただいた患者さんとかの声で、例えばスポーツをやって痛めたという声が増える時期とかが結構あるんですよね。

そういう時にスポーツっていうワードを入れてみたりですとか、患者さんの声でスポーツのけがから回復されたっていう方の声をドンと押し出してみたりとか。

 

前川:マーケティングを全くしていなかった奥田先生が、マーケティングを駆使しているわけですね。

 

奥田:そうですね。はい。

 

前川:それは面白いですね。やっぱり、そうすることで反応って全然変わるんですか?

 

奥田:全然変わりますね。本当に、その日のうちに反応を取り戻せますね。

 

前川:ええ、すごい。やばいですね。

 

参加するにあたって不安は?

前川:今、そうやっていろいろご自身でも考えてできるようになっている奥田先生ですけど、塾に参加を決める時、きっと説明会に来られて、話を聞かれて参加ってこられたと思うんですけど、その時って不安じゃなかったですか?

1万円出すのをうーっとなっていた人が、100万円以上出すわけじゃないですか。

その時どうでしたか?

 

奥田:そうですね。不安はなかったです、正直。

 

前川:それは何でですか?

 

奥田:もう、先生についていこうと思ったんで。

別に結果が出なくても、それは僕のせいだと思ってたんで。

先生は結果出されてるんで。

 

前川:そういうふうに思っていただけたのは、どういった部分を見てもらってそう思ってもらえたんですか?

 

奥田:先生の実績ですとか、やっぱり先生が掛ける一言一言っていうのがすごく響くんですよね。

 

やっぱり、「決断できない人間は成長しない」とか、とにかく本当にいろいろ響くワードがあったんで、それで来ました。

 

前川:入るって決めてもらった時って、40万とかなわけじゃないですか。

実際、先月200万超えてきて、その今の状況って、申し込む時ってイメージできてたんですか?

 

奥田:イメージ全くできてないです。

 

前川:200いく自分ってイメージできました?

 

奥田:いや、全然できなかったですね。

 

前川:今の状況ってどう捉えてるんですか? 奥田さんの中で。

 

奥田:そうですね、200いったことに関してはうれしいですけど、やっぱり本当にすごい先輩方とか、メソッドには本当にすごい同期がいるので、やっぱり「まだまだだな」って思ってます。

 

前川:確か、奥様も治療家さんだったと思うんですけど、今の奥田先生の状況を奥様はどう見られてるんですか?

 

奥田:いや、でも喜んでくれてますね。
「本当に成長したな」というか「自信が違うな」みたいな。

 

前川:奥さんも驚いてますか?

 

奥田:奥さんもすごい驚いてますね。
毎月やっぱり数字が上がっていくので、「え?また上がったの?」みたいな感じで。

 

前川:「何か悪いことしてんちゃうかな」って思いますよね。

 

奥田:そうですね。本当に。

 

最後に、過去の自分へアドバイス

前川:最後に、昔のなかなか行動に移せなかったご自身に向けてアドバイスするとしたら、どんなアドバイスをされますか?

 

奥田:そうですね。「寝る時間削ってでもとにかく行動しろ!」ってことを言いたいですね。

 

前川:実際にされた奥田先生だからこそ重みがあると思うので、ぜひぜひ、今で200だったら、まだ残り半年以上余ってるんで、まず300っていうところを1回到達してみてください。

 

奥田:そうですね。いきたいです。

 

前川:本当に今日は貴重なお時間ありがとうございました。

 

奥田:ありがとうございました。

 

前川:ではでは、失礼します。

 

奥田:はい、失礼します。

 

タイトルとURLをコピーしました