【マインドセット】決めた目標を達成できないあなたが考えるべきこと【治療院 接骨院 経営】

マインドセット

森田:今回はですね、全然100万いかないときの、自分の奮い立たせ方というところで。

 

前川:なるほどですね。

 

森田:このロケーションで。

 

前川:いいですね。先言っときますけど、僕の家じゃありません。

 

森田:前川先生が持ってるタワマンではないと。

 

前川:タワマンではございません。宿泊しにきております。

 

森田:今日は宿泊ですね。まあちょっと、シャンパンとかちょっと飲んだところで、ほろ酔いというか、ちょっと入ったぐらいで聞けるいい話ってとこやと思うんですよ。

 

前川:そうですね。

 

 

自分が決めた目標を達成できない時にどうするか

森田:これ見られてる方はもちろん、前川先生がメソッドっていうのをされていて、「100万超えましょうよ。目指しましょうよ」っていうような塾をされてると。

なので、基本的には100万いってない方が多いのかなっていうところで、「もちろん今月も100万円いってない。先月も100万いってない。またどうせ来月もいってないんやろうな」っていうようなときに、どう自分の心持ちを保つのか、奮い立たせるのか。

 

前川:おもろいですね。

 

森田:自信を持たせるのかっていうようなところですね。

 

前川:なるほど、いいですね。

 

森田:前川雅治・イコール・マインドセットみたいなイメージがやっぱあるので。

 

前川:そのイメージが何でついてるのかも、ちょっと知りたいですけども。

これもまた後で聞きたいなと思うんですけど、その100万いかないときっていうか、100万に絞らず、自分が決めた売上だったりとか目標だったりとか、いかないときにどうするかだと思うんですよね。

例えば、100万目指してる人、300万目指してる人、500万、1000万、みんな僕これ一緒だと思ってて、100万目指してていかなくて、どう思うかの気持ちと、300万目指してていかないときの感じる気持ちと、1000万目指してていかないときの気持ち、これ全部一緒だと思うんですよね。

 

森田:なるほど。

 

前川:100万だからとか、300万だからとか、そんなん関係ないと思ってて、結局、決めた目標に対していかないときにどうしていくのかだと思うので、まずそこをちょっと最初の段階でバシッと決めときたいなと思うんですね。

なんで、自分が決めた目標に対して、やり切れないときにどう気持ちを奮い立たせるのかっていうテーマで、勝手にテーマを入れ替えてしゃべっていきたいなと思うんですけども、これよく言われてる話ですけども、やっぱり何でそれをしたいのかっていう、僕は理由だと思うんですよね。

 

森田:例えば、じゃあ家族。

 

前川:まあ家族も1つだと思うんですけど、僕は家族をネタにしてというか、「家族のために」って言ってやらんやつは、ほんまくずやなと思ってるんですけど。

でも、くずな人ばっかりだと思うんですよ。

だって僕、いろんな治療院業界のコンサルもやってるし、ほかの事業もやってるし、いろんなところで関わってるんですけども、みんな言うんですよね。
「家族のために」とか、「今のままじゃ家族守れないから」とか。

 

森田:そうですよね。

 

前川:「今後の未来のために、今やらなあかんねん」とか、みんないいこと言うのよ。

 

森田:みんな言います。

 

前川:口ではええこと言うねんな。でも実際、「じゃあ、それやり切ってんのか?」言うたら全然やり切らないし、何なら一瞬で心折れてるんですよね。

 

森田:なるほど。じゃあ例えば100万目指したい。100万いかない。

そこらの理由は、言うたらやる理由、やる目的が明確じゃないっていうふうなところが大きいんですか?

 

前川:大きいっていうか、僕はそれしかないと思うんですよ。

 

森田:前川先生は、何のためにやるんですか?

 

前川:僕がですか? 僕は、最初の100万はほんまに家族のためでした。
だからやれたんですね、僕。

自分のためにできるって人って、そんなに多くないと思うんですよね。

 

 

 

「家族のために」と思っているのに、「できる」「できない」は何が違うのか

森田:じゃあ、それって「家族のために」って思ってて、ほかの人も思ってるっていうのはもちろん多いと思うんですけど、それでできるかできないかって、何の違いなんですかね?

 

前川:これってね、「言葉には重みがある」っていうのが僕はあると思ってて、例えば森田さんキャバクラに行きました。横に女の子がついてくれました。
「森田さん、すごい素敵。もう私、森田さんのこと好きになった」って言われたとするじゃないですか。どう思います?

 

森田:「また来て、こいつに貢いでやろう」と(笑)。

 

前川:(笑)。その「好き」っていう思いって、どう思います? ほんまに思ってるか。

 

森田:ああ、それは仕事ですよ。

 

前川:仕事ですよね? 軽いですよね?

 

森田:軽いです、軽いです。

 

前川:その「好き」じゃないですか。じゃあ、奥さんが「森田君のこと好きやわ」っていうのは重いじゃないですか。

 

森田:重いですね。

 

前川:だから、人って同じ言葉言ってても、その重みが違うんですよね。

僕はこの差だと思う。「家族のために」って言ってても、その「家族のために」って、どこまで思ってるかだと思うんですよ。

 

森田:それってね、例えば今僕が、見られている方で「俺も思ってる。家族のために」って。

それを、例えば100万いけてない、「その『家族のために』を、どう重くすればいいか?」みたいな感じで言われたら、どうなんですか?

 

前川:「重くすればいいか?」じゃなくて、それはもうあなたにとっての「重い」がそこだと思うんですよ。

あなたにとって「家族のために」ってレベルがそこなんですよね。
だから、それをどうするもこうするもないと思うんですよ。
「おまえにとっての『家族のために』のレベルはそこなんだ」だと思うんですよ。

 

森田:なるほど。

 

前川:だから、ほんまに思ってないってことですよ。

 

森田:うわべというか、口先というか。

 

前川:口先、いい格好しい、周りから見られて「家族のために」って言ってたら、まあそれなりの格好がつくだろうみたいな感じですよね。

本気で思ってたらですよ、寝る間を惜しんでやりません?

森田さん、最近子どもさん生まれて、「子どもが誘拐されました」と。
「10億円用意しろ」と言われたら、何が何でも集めるはずなんですよ。

 

森田:何が何でも。

 

前川:手段なんて考えないと思うんですよね。考えてる暇がないと思うんですよ。

でも、100万いかない治療家さんどうですか?
手段ばっかり求めて、「どうしたらいいんですか?」と聞いて、「まじで?」みたいな。

思いません?
手段なんか選ばないですよ、本気になったら。

 

森田:確かに。もう鬼泥臭いことをしてね。

 

前川:そうでしょ?
鬼泥臭いことをやっている人で、100万いかなかった人を僕は知らないですよ。

 

森田:確かに。

 

前川:ここが僕は決定的だと思うんです。これが100万、200万、300万、全部一緒だと思うんですね。

 

森田:ちなみに、100万目標にしてて100万いくっていうのって、どうなんですかね?

何て言うんやろう。

 

前川:正直、難しいとは思うんですけど、でもそれ僕は全然いいと思うんですよ。
300万目指して100万の方がいきやすいっていうのがあると思うんだけども、100万目指してて100万って、ほんまに決めてる人はそれでいくと思うんですよね。

だから、そこが、僕が思うのは「甘いな」と思うし、「家族のこと言ってていかないやつは、ほんまくずやな」と思うのはそこですよね。

 

 

「家族のために」って言ってる人は100万超えたら止まる

森田:なので、例えば100万いくためにポスティングは何枚せなあかんみたいな感じで、何て言うんだろう。
逆の目標志向というか、逆算してやられている方で達成されている方の方がやっぱ多いんですかね?

 

前川:ていうか、関係なく「空き時間何かしろよ」って話じゃないですか。

いかない人は、こうやって座って考えてますよね、きっと。

 

森田:確かに。「ホームページはちょっと」みたいな。

 

前川:そうそうそう。いく人は動き回っていますよね。

だから、ほんまにどこまで思えてるかだと思うんですよね。
僕は、究極もうそこに尽きるなと思ってて、思いの強さで人生って大きく変わるんじゃないのかなと思ってて、これはほんまに面白くて「家族のために」って言ってる人は、100万超えたら止まると思うんですよ。

 

森田:100万超えたら?

 

前川:止まる。だって200万とかいかないじゃないですか。

 

森田:ああ、なるほど。

 

前川:だって、家族守れるじゃん。

 

森田:燃焼してしまうってことですよね?

 

前川:そうそうそう。「もういけるわ」みたいな。

 

森田:燃え尽きちゃうみたいな。

 

前川:燃え尽きちゃう。だから治療家さんって大体150万円前後が多いでしょ? 1人治療家さんって。
それ以上いかないじゃないですか。

でも、店舗展開している先生たちが「家族のため」って言ってます?

 

森田:イメージないですよね。

 

前川:言わなくないですか?「家族のために」って。
そんなの当たり前なんですよね。

もっと上の世界を見てるから、言わないんですよ「家族のために」って。

 

森田:何か、「スタッフの幸せ」みたいなことをめっちゃ聞く気がします。

 

前川:でしょ?
だから、人って器だと思ってて、まずは自分のために、そして家族のために。

 

森田:近い人ですよね?

 

前川:で、仲間のために。で、地域社会のために。で、国のために。
で、世界のためにって、段々とでかくなっていくんですよね。

で、そこにいけばいくほど、そこに影響を与えようと思ったら帰ってくるわけですよ、自分に。

 

森田:なるほど。

 

前川:これ何やろ。「たらいの法則」か何か言うらしいんですけど、そんなん知らないですけども、1人治療院の方って見てるとこが狭いんですよね。

「自分のために」とか、「家族のために」って。
で、それすらやってないわけじゃないですか。

 

森田:わあー、これは重みのある動画だなあ。

 

前川:また伸びないですねー。

 

森田:(笑)。

 

前川:だからこそ僕嫌いなんですよね。「家族のために」って言ってやらんやつ。

くずやん?

 

森田:どうしたらいいんですかね?

 

前川:いや、どうしようもないでしょ。

 

 

究極は「自分のために」でいい

森田:「何のために」を変えるのか、「改めて家族の必要性を感じ直すのか」って、どう思います?

 

前川:これも2パターンあると思ってて、「家族のために」を考え直すのも1つだし、究極、「自分のために」でいいと思うんですよ。

「自分の物欲を満たしたい」とか、「自分の承認欲求を満たしたい」とか、そんなんでいいと思うんですよね。僕、思うんですよ、まじで。

「もう『家族のために』でできひんのやったら、自分の欲を満たせよ」と。
「自分の欲を満たしたら、ちょっと周りの人に目を向けれるぞ」って僕は思うんですよね。

僕は、家族がいけたんですけど、物欲とかなかったからね。
人によって違うじゃないですか、その辺は。

 

森田:家族のために、具体的に何かってあるんですか?

何かそこが明確じゃない「とりあえず俺、家族おるし、子どもおるし、まあ『家族のために』って言おうかな」っていうような、口先だけみたいな人が多いと思うんですよ。

でも、前川先生に今言われてみたら、「家族の何のために」とかって言われたら何かあるんですか?

 

前川:OK。僕はもう見えてるものがあって、多分これ見てる人もそうだと思うんですけど、雇われてる時に月25万とか、10年後って35万が限界だったんですね、僕は。

「35万で家族養えますか?」なんですよ。
養えるけど、ギリギリの生活じゃないですか。

「それって生きる意味あんの?」って、これあかんな。
たたかれるかもしれんけど、「生きる意味あんの?」って思ったんです。

で、僕らの業界って月から土まで出勤しまくりでしょ?

 

森田:確かに週6ですよね。

 

前川:でしょ? で、日曜日は勉強会とかでしょ?
家族の時間とかないわけですよ。

 

森田:ボーナスないですし。

 

前川:ないしね。「意味あんの?」って思ったんですよ。

 

森田:それは、父親として?

 

前川:そうです、そうです。「その家族って意味あるの?」って思ったんですね。
その子どもたちってどうなの?」って。

 

森田:家族の形として、そんな親父がおって。ああ、なるほど。

 

前川:そう。っていうのを考えた時に、「いや、絶対こんなん良くないわ」って思ったんですよね。

だから僕自身は、「僕は守れない。この家族を」と。
で、「その状況で10年後、20年後やっていけるのか?」と思った時に、僕は絶対日本の経済は厳しくなっていくから、もう衰退しかないと思ったんですよ。

その衰退していくのを逆らうのは、どうするのかというと、自分で立ち上げるしかないと。ってなった時に、「ここまで稼がなあかん」っていうのを自分で決めていったわけですよね。

だから、僕の中ではもうやらないと家族がダメになっちゃう。
ナイアガラの滝ですよ。聞いたことあります?「ナイアガラの滝症候群」って。

こんななんですよ。これが川ね。

気付いたときにはもう落ちてるみたいな。

僕はこれだったんですよ。雇われにいてる時って、もうずっとこうだと思ったんですよ。

開業してからもずっと思ったんですね。
で、100万超えてからもずっと思ってました。

もう絶対この時が来るから。
この時が来たときに、やっていける自分づくりを、今のうちにやっとかなあかん。これを今でも僕思ってます。

だから僕、海外にビジネスを展開してってるんですよ。

正直今、見てくれてる人って、僕を「いい暮らししてる」と思ってるんですよね。
こういうとこに泊まれて、物を買えて。
正直、いい暮らししてると思うし、あり得ないと思うんですけど、「じゃあこれが10年後も続くのか?」といったら「そんなことない」と僕は思ってるんですよ。

こんだけ展開が早いこの世の中で、今の状態が一生続くなんて思ってる人は、アホか天才かだと思うんですね。
だから、僕はめっちゃ準備してます。

常に僕の根底には「家族のために」っていうのがあって、動き続けてるっていうような感じですね。

 

森田:お子さん3人と、奥さんと。

 

前川:そうですよ。

 

森田:この苦しい生活を1ミリもしないように。

 

前川:そうです。もしかしたら、そこに愛人A、愛人Bが出てくるかもしれないじゃないですか。

 

森田:おお、あるぞ? 前川先生(笑)。

 

前川:(笑)。ていうのを本気で思ってるんで、だから僕は頑張るし、やって当たり前だと思ってるんで、やらない人の意味が分かんないです。

 

 

家族が苦しんでいるのに何故動かないのか?

森田:何でやらへんねやろ。そこはやっぱりやる理由の強さになるっていうところは前川先生的にはどうでしょう? 着地点として。

 

前川:最終まとめると、家族が苦しむの分かるわけじゃないですか。

100万いってない人の家族なんて、苦しんでるに決まってるじゃないですか。我慢の生活。
で、自分も我慢してると思うんですよね。

で、挑戦しまくっていろいろ壁に当たって苦しいわけじゃないですか。
家族も苦しんでる、自分も苦しんでるってなったときに、自分が苦しんでるのがつらいから、みんなやめるんですね。

これって、めっちゃ無責任じゃない?

「家族が苦しんでんのがつらいから、今自分が苦しんでんのなんか耐えれるわ」って頑張んのが普通じゃないですか。

これが、俺はもう「情けないな」と思うんですよ。
自分が苦しんでて、やめてるわけです、みんな。
「家族が苦しんでんのを見てて、おまえは胸痛くないんやな?」と僕は思うんですよ。

 

森田:うーん、なるほど。

 

前川:僕やったら胸痛い。

 

森田:確かに。僕もそれは嫌や。胸痛い。

 

前川:家族が、「冬場に電気も止められて、布団もボロボロとこに寝てて『寒い、寒い』言うてる姿を見るかもしれないにもかかわらず、おまえは動きを止めれるんだな?」と僕は思ってますよ。

 

森田:そうか。だから、この患者さんとこの患者さんの間の、例えば1時間半、「ようそんなことになるかもしれないのに、のうのうとパソコンの前で座ってられるな?」ってことですよね?

 

前川:そうです、そうです。「そこ動いとかへんかったら、家族そうなんねんぞ」みたいな。
だから、戻るけども、「あなたの家族が誘拐されたときにどうするんですか?」なんですよね。

僕は、常にそうなってる状況を想定してるんで、動くんですよ。

 

森田:僕もそうですね。やっぱ子どもができて、仮にですけど「医者なりたい」って言ったときに「『公立じゃないと無理』って言う親になりたくないな」と思ってるんですよ。

最悪「僕、私立に行く」ってなっても、「全然いいよ。行けや」って言えるやつがやっぱ親父なんかなみたいな感じで、お金で選択肢を狭めたくないっていうか。

それはもちろん、奥さんに対しても一緒なんですけど。

 

前川:それは分かる。これもあれなんですよね。
僕そうだと思うからそう言うんですけど、別にお金なくても、「子どもがほんまにやりたかったらやれよ」って言う人いるんですよ。
もちろん、そうだと思うんです。

ほんまにやる人はそうだと思うんだけども、でも選択肢を与えないことによって、可能性を狭めてるっていうことも僕はすごくあると思うんですよね。

だから、甘やかすとかじゃないんですよ。
選択肢はちゃんと見せといたうえで、「決めたら?」だと思うんですよね。

選択肢さえ与えられない人がほとんどなわけじゃないですか。
だって、僕かて与えられなかったからね。

 

森田:僕も一緒です、はい。

 

前川:もしかしたら、与えられてたら違う世界で成功してたか失敗してたか分かんないけど、違う人生もあったかもしれないんで。

結果的に、どれがベストか分かんないけども、選択肢を僕は与えたいなと思うんで、頑張ろうと思います。

 

森田:これは、ええ話ですよ。

 

前川:ええ話でしょ? これ。

 

森田:これ多分、伸びないんですよ。

 

前川:そうですね(笑)。

 

森田:ここまで見てくださってる方は、何かちょっと何て言うんだろう、グッとくるものというか、ハッとするものというか。

 

前川:これ見てくれた人、まじでコメント欲しいわ(笑)。
ここまでしゃべってるから。ほんまにコメントください。

これに関しては、本当に。「見たよ」だけでもいいからコメント欲しい。

 

森田:(笑)。「見たよ」だけでもいいから。
何でもいいから、匿名のアカウントでいいから。

 

前川:全然いいです。もう捨てアカでいいです。

 

森田:ここまで見てくださったあなた、何かしらのコメントいただけると。

 

前川:ぜひ、お願いします。

 

森田:お願いします。ということで、今回はですね、こうやって「100万いかないよ」って、そういうところの心の持ち方、奮い立たせ方っていうのはどこに原因があってっていうところで、やる理由、目的っていうところの深みですよね。

僕も横で聞いてて、ちょっとシャンパンいってるのもあるかもしれないけど(笑)。

 

前川:(笑)。

 

森田:「やっぱそこなんやな」って思います。

 

前川:そこしかないでしょ。

 

森田:それがすべてで、人間って動くんやなって。

 

前川:「やれよ」いう感じですよね。

 

森田:分かりました。ありがとうございます。

 

前川:ありがとうございました。

 

森田:では、今回は以上になります。

 

前川:ありがとうございました。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ランキング

  1. 1

    【治療院経営】不満爆発!飲み会直後にコンサル生が裏側を暴露

  2. 2

    前川雅治の想い

  3. 3

    今から1年で1200万稼ぐ仕組み公開

  4. 4

    月商60万の治療家が年商3000万に到達か!?その変化の源とは?

  5. 5

    口コミの低評価は載せない方が良い?

TOP