チラシとホームページの次のやるべき集客媒体【治療院 整骨院 経営】

未分類

森田:今回の動画は「チラシとホームページの次にやるべき集客媒体は?」っていうところでお聞きしていきたいと思います。

 

前川:なるほどっすね。

 

森田:治療院ってなると、王道で行けばチラシの集客、それかホームページをPPCにかけるっていうふうなところで。

選択肢としては、例えばエキテンだったりとか、ホットペッパーとか、ああいう系だったりとか、SNSとかああいうのとか、チラシの中に折り込みとかいろいろ、細かくやればいろいろあるかもしれないんですけども、その辺どうやってくかっていうようなところですよね。

これをお聞きしていきたいと。

 

前川:なるほどっすね。オッケー。

じゃあ、これいきましょうか。

 

 

LINEとインスタをやってほしい

前川:これまず、まだご存知じゃない方もいると思うので。

チラシやとポスティングとか折り込みとかが一般的かなと思うんで、これ書いて、ホームページだったらPPCと。
あと、今あんまりSEOって僕いらないかなと思ってて。
MEOですよね。っていうのが重要になってくるのかなと。

これ王道なので、これは早い段階でやっていただきたいなと。

 

この次ですよね。

「この次、何をしたらいいかな?」って、「難しいな」って思うんですけど、僕自身が思うのは2個一気にやってほしいなと思うんですね。

それは何なのかというと、まず1つ目、LINEですね。

「LINE」って言いますもんね。
僕、マナーモードやし震えなくしてるんで、そんなん聞いたことないんですけど。

 

森田:震えないようにしてる?

 

前川:震えもしないです。何も鳴んないです。
どうでもいいですね、すみません。

LINEと、僕はインスタがいいかなと思います。

 

森田:ちなみになんですけど、チラシとホームページはやっぱり外せない?

 

前川:絶対僕は続けた方がいいと思いますね。

 

森田:ですよね。そういうことですよね。

 

前川:はい。それやったうえで。

 

森田:じゃあ、続けたうえで、この今の赤文字のところを乗せていくってことですよね。

 

前川:そうです。

 

森田:なるほど。

 

前川:LINEは、これすぐできるんで。
これもうあれですよ。あいさつ文ちゃんと作って、そこからステップ組んで。

どう組むのかはまた、後の何か違う動画でやったらいいかなと思うんすけど。
あいさつ組んで、ステップ組んで、僕はやったらいいかなと思ってます。

で、インスタ。インスタもやっぱ投稿とストーリーズ、ストーリーズ、これやったらいいなと思うんすよ。

来てくれてる患者さんのすべてとつながって、すべての患者さんと接触をし続ける毎日。
っていうか、関係構築していけるじゃないですか。

っていうのが、僕はすごい重要かなと思ってます。

前の動画でも言ったんだけども、これにまた掛け合わせて、あいさつ回りとかしておくとめちゃめちゃいいですね。
やるのはこれかなと思います。

これをバッチリと固めといたうえで、ここにYouTubeなり、TikTokなり、動画系を組み込んでいくと、僕はすごいいいかなと思いますね。

これを全部組み合わせたら、大体集客安定していきますよ。

 

森田:何か、今まで聞いた方は多分「えっ、そんないろいろ、あれもこれもやっていかなあかんの?」みたいな感じで思われるんじゃないかなと思って。

 

前川:やりたくなかったらやらなかったらいいですけどね。

売上が上がらないだけなんで。

 

 

LINE集客というよりも……

森田:そっかそっか、なるほど。
LINEっていうのは、どうLINEに集めていくみたいなイメージを持つのが正しいですか?

 

前川:LINEっていうのは、基本的にはここからですよね。

だから、LINE集客っていうよりも、「LINEで関係構築」「関係構築からの紹介集客」みたいなイメージの方がいいかなと思いますね。

多分、ほとんどの方がLINEの友達を集めれてないと思うんすよ。

 

森田:なるほど。

 

前川:うん。なので、これが全部回り出したら集まり出すんすよね。

ここからも入ってくるし、ここからも入ってくるしみたいな。
ここからも入ってくるしみたいな、ここからも入ってくるしみたいな。

そうなったら、コンスタントに友達追加ってくると思うんですけど、こことここだけの時ってあんまり入ってこないと思うんすよね。

なので、最初はこれ、既存客とのコミュニケーションツールみたいな感じ。
何かお知らせとか流していくとか、そういった感じで使ってったらいいかなと思います。
これもコミュニケーションですね。

 

森田:はい。

 

前川:コミュニケーション取っていく中で、その人の周りにいる人にだんだん認知が広がってきて集客に役立っていくみたいな感じです。

これらを加速させるために、あいさつ回りしたらもっと加速するよねってことですね。

 

森田:あいさつ回りっていうのは具体的にどういう行動というか。

 

前川:「こんなことやってます」みたいな。「お願いします」で、全然いいじゃないですか。

 

森田:それできなさそう。

 

前川:できないです。絶対やらないです、みんな。

だから、やったら勝てるんです。

 

森田:ああ、そうか。

 

前川:はい。で、ここが回り出したら、次。YouTubeなんて今やっても伸びないでしょう? ほとんどの方が。

 

森田:しんどいですね。

 

前川:伸ばせるんだったらやったらいいと思うんですけど、基本的には伸びない人が多いと思うので、誰も見てくれないと思うんすよ。

ここでちゃんと集まったら、この人たち流したら、この人たち見てくれるから再生伸びるじゃないですか。
っていう感じの使い方が、僕はベーシックかなと思いますね。

 

 

定期的に更新してる存在になる

森田:なるほど、分かりました。ありがとうございます。

インスタとかっていうふうに聞いても、「えっ、投稿? 投稿作らなあかんの? どうやって投稿考えるの?」とかっていうふうに「投稿は絶対せなあかんのかどうか」とかっていうのを感じたりされる方もいるかなと思うんですけど、そこはどうでしょう?

 

前川:投稿を毎日考えてするって、多分ほとんどの方ができないんすよね。
だから、何回も挑戦したけど諦めてる方って多いと思うんですよ。

もう諦めたらいいと思うんすよ。

「どんな投稿したらいいのかな?」って考えるのを諦める。でも、投稿はする。

じゃあ、何を投稿すんねんって、もう院の雰囲気を投稿すればいいじゃないですか。

院の雰囲気だったりとか、院の周りとか、そんなん投稿しといて、「定期的に更新してるんだ」っていう存在になっておけば、僕は全然いいと思うんすよ。

 

森田:なるほど。確かに、やっぱり更新してるかどうかってっていうのが大事。

 

前川:みんなあれなんすよ。新規集めるためにばっかりやってるんすよね。

いや、身内というか、「自分のことを知ってくれてる人が見いひん投稿を、何で他人が見んねん」と思うんすよ。
だから、「まずは身近な人が楽しんでくれる、喜んでくれる投稿をすればいいのにな」と思うんすよ。

その人たちとストーリーズで関係構築をして、身内だけで楽しんどいたらいいと思うんすよ。

それがほんまに楽しめてたら、だんだん輪が広がってって、知らん人が入ってきて、とか、その人の周りの友達が入ってきて、とかなってくるので。

大体そうじゃないですか? 友達と遊んでても。
最初は2人やったかもしれんけど、お互いの友達が入ってきて、楽しんで広がってとかあるわけじゃないですか。

 

森田:確かに。

 

前川:それがネット上で行われてるだけなんすよ、SNSって。

 

森田:なるほど。だから、ネットだからといって、1対大勢みたいなのでみんなやりがちだけども、あくまで1対1をいくつつくれるかっていうふうな。

 

前川:ええまとめ方。いいとこ持っていきますね。
ええとこ持っていきます。持ってますわ、やっぱり、先生。

 

森田:っていうのを言うてはったんで。

 

前川:先生、持ってますわ。

 

森田:言うてはったんで、前川先生が。

っていうことですよね、でも。

 

前川:はい。

 

森田:1個1個の濃い関係をつくれるかどうかっていうふうなとこですよね。

 

前川:はい。それ、すごい大事だと思いますね。

 

森田:なるほど。

 

 

面倒くさいと思わず、やった人が勝つ

前川:なので、ここって関係薄いじゃないですか、基本的には。

 

森田:はい、確かに。

 

前川:広告を見て、来るか来ないかなんで。

ここは関係きつくなっていくんすね。
濃くなっていくんで、これでいいバランスが取れるんすよね。

ネットの関係構築、リアルの関係構築、そこでまた動画を組み合わせてやってったら、めちゃくちゃいい回りができますよね。

 

森田:なるほど、分かりました。

 

前川:これを「面倒くさい」と多分思うんすよ、みんな。
みんな面倒くさいと思って、みんなやらないんすよ。

だから、これをやったやつが勝てるんすよ。

 

森田:ああ。「でも、やらんねやろうな」という感じもしますよね。

 

前川:でも、やらないんすね。

だから、やったもん勝てるよ。誰が地域でこれを確立させるかですよね。

 

森田:なるほど。確かに、確かに。

あいさつ回りとかして、それでLINE登録してもらって、そこで関係つくれていったら、ほかにいく理由ないですもんね。

 

前川:そうです。いいじゃないですか。

あいさつ回りして仲良くなれるなら仲良くなったらいいし、お店やったら「また来ますわ」って言うて、また行ったらいいですし。

だから、「チェーン店とか、何で飯食いにいくねん」と思いますもんね。

 

森田:なるほどな。だから、その地域にしかない個人店みたいな。

 

前川:そう。そこでご飯食べたりとかしたら仲良くなるじゃないですか、絶対に。

もったいないなと思いますね。

 

森田:その方がよっぽど頭いいですね。

分かりました。ありがとうございました。

 

前川:はい。

 

森田:ということで、今回は「チラシとホームページの次に何やるか?」っていうふうなところについてお伝えしていただきました。

動画概要欄にメルマガのリンクがあります。
こちらでプレゼントを配布してますので、ぜひチェックして受け取ってください。

 

前川:お願いします。

 

森田:以上です。ありがとうございました。

 

前川:ありがとうございました。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ランキング

  1. 1

    【治療院経営】不満爆発!飲み会直後にコンサル生が裏側を暴露

  2. 2

    前川雅治の想い

  3. 3

    今から1年で1200万稼ぐ仕組み公開

  4. 4

    月商60万の治療家が年商3000万に到達か!?その変化の源とは?

  5. 5

    口コミの低評価は載せない方が良い?

TOP