最大のリスクは行動に移さないこと

コラム

 10年前に私は自費治療院で開業しました。

6年前に私は海外で事業をする事を決めました。

 

 

人はなぜそんなにリスクのある事をするのか?

と聞いてきます。

 

 

でも私は、なぜそれがリスクなのか?と思います。

 

 

今日は先生にリスクとは何か?

というのを一緒に考えてもらいたいと思います。

 

 

まず治療院業界を振り返ってみましょう。

約13年前に保険診療に色々なメスが入ってきました。

 

 

4部位目の請求が2割になったり?なくなったり?

ちょっと覚えてないんですが・・・

 

 

それから3部位目が8割請求になり、

3部位であっても負傷原因を入れないといけなくなり。

 

 

日に日に保険診療の厳しさを感じる状況になったはずです。

 

 

この状況は全ての人が直面してきたはずです。

で、、、

それに対してどんな行動をとったのでしょうか?

 

 

鍼灸保険を取り入れた。

介護保険を取り入れた。

自費治療を取り入れた。

不動産を始めた。

 

 

とか何かしらの動きをとったと思います。

 

 

動きをとってない人はどうなってるのか?

それを考えてください。

 

 

保険だけでは厳しくなるとわかっていながら対策をしなかった

人たちは今どうなっているのでしょうか。

そのまま保険診療だけでやっていてどうなっているのか。

 

 

じっくりと考えてみてください。

 

 

私は、あの時、保険のみの治療院を開業していたら今のライフスタイルは出来ていないでしょう。

地域にもたくさん整骨院が出来ています。

 

 

保険のみでしていたらそこが全てライバルになってきます。

これは大変だ・・・

 

 

でもあの時に勇気を出して自費にしたことにより

今があります。

 

 

こうやって自分のしてきた事を偉そうに伝える側に回れているのも

患者さんから自費で費用を頂いてるのも

あの時に決断したからあります。

 

 

チャレンジする事が本当にリスクなのでしょうか?

 

 

もちろん、最初は怖いです。

でも怖いのは感情でそう感じているだけで現実は違う結果になります。

 

 

しっかりやれば結果が出るんです。

もしダメでも元の状態に戻るだけです。

 

 

元に戻るだけで何のリスクがあるのでしょうか?

 

 

状況は元に戻っても今まででは経験できない数多くの体験をできたわけです。

 

 

それって凄い事やないですか?

 

今の延長線上の未来を考えた時と何かにチャレンジして失敗した時。

天秤にかけて考えたときにどっちがリスクなのか?

 

 

そこを考えてもらいたいですね。

 

 

私は治療院、コンサル、をしてて自分の未来を考えたときに

今!このタイミングで世界やな!!

と思って世界展開をチャレンジしました。

 

 

それはその時にやることに意味があったんです。

 

 

2020年以降ではもう遅いんです。

ビジネスはタイミングです。

今やらないといけない!!

と思ってチャレンジしました。

 

 

 

もし、海外の色々な壁にぶち壊される事があるかもしれません。

 

 

でもそうなったらまた治療院をするだけです。

またスタートに戻るだけです。

 

 

これってリスクですか?

 

 

私はこの事業で治療院経営だけでは得れなかったやばい程の経験をしてきました。これは私にとって大きな財産です。

 

 

何をどう考えても

一番のリスクは「何も行動に移さない事」

だと思います。 

 

 

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ランキング

  1. 1

    前川雅治の想い

  2. 2

    今から1年で1200万稼ぐ仕組み公開

  3. 3

    月商60万の治療家が年商3000万に到達か!?その変化の源とは?

  4. 4

    前川が失敗とどう向き合ってるのか?

  5. 5

    口コミの低評価は載せない方が良い?

TOP